成長痛で特に足首の痛みがひどいときの対処法3選

スポンサーリンク

 

成長痛は、成長期に伴い軟骨や関節などに負担がかかり痛みが出ることを言います。
特に成長痛の痛みを感じやすい場所は【足】です。

足は、成長期になると急激な成長変化を起こすため成長痛が出やすく、膝や足の甲・股関節などさまざまな部位が痛みを感じやすくなります。

その成長痛の中には、足首に痛みを感じる子もいます。
他の部分も痛みを感じると大変ですが、足首の痛みはひどいと歩行するのも大変になってしまいます。

ここでは、成長痛で特に足首の痛みがひどいときの対処方法を3つご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

足首の痛みがひどいときの対処法①安静にすること

対処法1

成長痛で足首の痛みがひどいときの対処法その1は「安静にすること」です。

成長痛は、実際ケガなどをして痛みを感じているわけではありませんが、痛みがあるのをかばいながら生活すると足首だけでなく、膝など他の部分を痛めることがあります。

成長痛の痛み自体は、30分から1~2時間くらいで治まります。
その痛みがある間だけでも動かしたりせず安静にするようにすると、痛みが早く和らぐ可能性があります。

また、その安静にしている間子供とスキンシップをとるようにしましょう。
成長痛の痛みを感じる原因はいろいろありますが、精神面やメンタル面に不安がある場合にも痛みが出ることがあります。

子供は不安感を感じても自分でそのことを口に出して説明することが出来ません。

そんな時は痛みを感じる子供を責めたりせず、きちんとスキンシップをとることで、子供が感じている精神面やメンタル面の不安を解消することができるだけでなく、成長痛の痛みを和らげることが出来ます。



スポンサーリンク


足首の痛みがひどいときの対処法②冷やす事

対処法2

足首の痛みがひどいときの対処法その2は「冷やすこと」です。

ケガをしていないのになぜ冷やすのかと思うかともいると思います。
もちろん、成長痛はケガなどをして患部が炎症などを起こしていて、痛みを感じるわけではありません。

もちろん、痛みを感じる部分を絶対冷やす必要はありませんが、氷のうなどで冷やすと足首の感覚がマヒして痛みを感じにくくなることがあります。

ただ、気休めに過ぎないのであまり冷やし過ぎてしまうと逆に痛みを感じることがあるので、子供に痛みの強さなどを聞きながら冷やすようにしましょう。

また、成長痛で足首が痛いというのは、子供にはあまり理解してもらうことが出来ません。

子供にして見れば、足首に何かが起きているので痛みを感じていると思っているので、親が否定すればするほど精神面などで不安を感じてしまいます。

事実痛みを感じているのは子供です。
子供の話をよく聞き、否定をせず対処するようにすれば安心して痛みが和らぐこともあります。

足首の痛みがひどいときの対処法③温めてマッサージをする

対処法3

足首の痛みがひどいときの対処法その3は「温めてマッサージをする」です。

この方法もケガをして痛みがひいたときに行う方法ですが、成長痛の時は痛みを感じる時に温めたり、マッサージをすることでリラックス効果を得ることが出来ます。

先ほども話した通り、成長痛という痛みを感じる原因には精神面やメンタル面などの不安から痛みを感じるということがあります。

足首の痛みがひどいと足首に何かが起こっているのではないかと不安になってしまい、その不安感が余計痛みをひどくしている場合があります。

お風呂などに入り足首を温めることで、不安感やストレスを軽くすることができ痛みを和らげることが出来ます。

また、マッサージも同様で足首を触ることによって不安感やストレスを軽くすることができ足首の痛みを和らげることが出来ます。

もちろん、ケガをしているわけではないので病院に行ってマッサージをしてもらう必要はありません。

親など周りの大人が、足首の痛い部分をさすったり撫でてあげることでスキンシップをとることができるので、さらに子供が感じている不安感を取り除くことができ安心させることが出来ます。

このように成長痛で足の痛みがひどい場合は、精神的な不安感から来ている場合があります。

子供が安心するように出来るだけ、親や周りの大人がスキンシップをはかり不安感を取り除くようにしていきましょう。

まとめ

まとめ

みなさん、いかがでしたか?

成長痛で足首の痛みがひどいときの対処法について分かっていただけましたか。

成長痛は成長する過程で軟骨や関節が負担をかかって痛みが出るのですが、決して炎症などが起きて痛いわけではありません。

子供が感じる不安感などによって痛みがひどくなっている場合がほとんどですので、子供が安心できるようスキンシップをとったり、精神面で安心できるようにしましょう。

ただ、痛みが1~2時間以上続いたり何回も痛みを感じたりする場合は、成長痛が原因ではない可能性があります。

もしかすると、骨にひびが入っていたり、折れている場合などがあります。
そんな時は、放置しておくと痛みが引かなくなったり、患部が腫れたりしてしまいます。

大人の方が痛みなど子供の状態を見て判断し、あまりにひどい場合は病院に受診するようにしましょう。

"まるこ"
昔、足首がよく痛くなった理由は成長痛だったんだ!!
"とがわ先生"
急に痛くなる時は成長痛の可能性が高いんだ。成長痛の原因は医学的に不明な部分も多いのだけど、安静にしていれば1日で治る事がほとんどだから安心してね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す