胃腸炎で子供が熱を出した時に完治まで何日くらいかかる?

スポンサーリンク

 

胃腸炎は子供にも良く発症する病気で、私の子供も良く腹痛を起し、病院で胃腸炎の診断をうけます。

うちの場合は食育が悪く栄養バランスの関係で免疫力が弱いのかな?って思っています。

スポンサーリンク

子供と大人の熱の出方

87a

出典:https://cotree.jp/

大人も子供も関係なく発症する「胃腸炎」特にシーズンには体の抵抗力の低い子供が多く発症することがあります。

そして胃腸炎の症状の一つである「発熱」は、胃腸炎の原因である「細菌」や「ウイルス」などが体内に侵入した場合に、その外的要因を「死滅または増殖を抑える」ために体温を上げる現象が「発熱」です。体に悪いものが侵入して、体が弱って体温が上がると思っている人もおおいのではないでしょうか?

また、人間は体温の調節を主に水分で行っており、温度が高い時には喉の渇きを助長し、水分を取らせ、取り入れた水分を汗として体外に出し、気化熱によって体温の上昇を伏せぎます。

そのため胃腸炎の症状である、下痢、嘔吐などで体内から水分が不足してしまうと脱水化が進み、発熱してしまう事があります。

ですので基本的に下痢や嘔吐の症状を悪化させない事と、事前の水分補給は必須となります。

そこで大人と子供の発熱の違いがある場合は、「免疫力」の差による違いです。大人より子供の方が免疫力が低いので下痢や嘔吐の症状もに大人よりも辛くでます。

ですので発熱も同じように子供の方が高くなり、弱い体を早く改善させようとしているのです。よく子供が高熱を出しやすいのはそのような体のシステムから成り立っています



スポンサーリンク


胃腸炎の熱は大体何日くらいで治るの?

85a

出典:http://dash-dash-dash.jp/

嘔吐や下痢は体に悪い菌やウイスルが体内に入る為、それを追い出そうとするため発症します。しかし、なぜ熱もでるのでしょうか?

それは体内に侵入した異物を倒すためです!

体が発熱することによって、病原体の増殖を抑える、また免疫能力の活性化のために行っています。
だから嘔吐や下痢は体内の悪いものを追い出そうとし、熱で増殖を抑えるダブルブロックをして頑張ってるんですね。

となると、熱が下がってきた=増殖する菌やウイルスが居なくなったと判断できます。
熱の状況で病気が良くなってきていると判断して良いのです。逆に熱が下がらないとウイルスや菌をやっつけられないという事になります。

原因別発熱期間

274122b394996dcc766774e82f1bdf0e_s

【細菌性】
・腸炎ビブリオ・・・1~2日
・サルモネラ・・・3~4日
・カンピロバクター・・・長い場合で7日

【ウイルス性】
・ノロウイルス・・・4~5日
・ロタウイルス・・・長い場合で7日

発熱は体内に侵入した悪い菌やウイルスを抑えるために行われる現象です。

そのため解熱剤を使用すると却って症状の改善に時間がかかってしまう事があります。余り高熱でなければ解熱剤を使用してはいけません、また、高熱が出る場合は医師に相談することをお勧めします。

胃腸炎の時に熱と同時に関節痛が出た時のベストな対応とは?

51f938417f0b5e3192ff2c831f25800e_s

季節を問わず発症する「胃腸炎」。

もしあなたが細菌性やウィルス性の胃腸炎を発生した場合は、体内のその病原体を退治するために「熱」を発症させる現象を起こします。

そのため、多くの方が胃腸炎を患った際に胃炎である嘔吐や腸炎である下痢を引き起こすだけでなく、「発熱」も起きるのです。

しかし、人によって症状が現れる「関節痛」は何ででるの?と思われる方もいるかと思います。

よく風邪をひいた時に関節痛が出来る人がいますが、実はそれと同じ原因なのです。
ここでは関節痛の原因と症状が出た時のベストな対策をご紹介いたします。

胃腸炎の症状である「関節痛」

90a

出典:https://doctors-me.com/

理由は人間の防御機能としてウイルスの侵入や退治するために「マクロファージ」と言う免疫細胞があります。

このマクロファージが作用するのですが、過剰に作用すると臓器に強い影響が出る場合があり、その臓器に影響が出た部分をPGE2と言う成分が補うのですが、このPGE2が関節痛をもたらす要因になっているのです。

従って、体が弱った事が本質の原因ではなく、体を治す過程の症状であり、悪い事ではないと思ってもらえれば良いのです。
ただ、関節痛は体を動かすのに支障がでますので、症状を抑えるベストな対応として・・

関節痛を軽減させるベストな対応

e135cc2ec3fac351097ea1761c63f85b_s

  • 痛い箇所を温める。
  • お風呂に10分間浸かる。
  • スクワットなど関節の運動を軽く行う。
  • しょうが湯を飲む。

この4点を意識して実行することで関節痛の症状が改善されるでしょう。

人間の体の防御機能は優れたものがあります。

症状が重い場合でも自分の体内で病原体と戦ってくれていると細胞がいると思うと、少し気がまぎれるかもしれませんね。

しかし「病は気から」と言うようにまずあなた自身の気力を高めていないと大事な細胞が機能しませんので、まずはあなた自身の気力を元気に保ちましょう!

まとめ

胃腸炎と言っても季節や原因によって症状が異なります。そして大人は免疫力もあり、症状に対する自己判断能力もありますが、子供にはそのような力はまだ備わっていないため、放置時間が長いと重症化する危険性があります

周りの大人の人が子供の行動を見てあげ、「いつもと違うな?」と感じたら声をかけてあげて、早めに処置をしてあげる事が早期回復のためには大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す