骨折を早く治す為に効果のある5つのサプリメントと6つの食べ物

スポンサーリンク

 

骨折早く治すためには、骨を丈夫にするサプリメント食べ物を厳選する必要があります。

そんな、骨折で困っているあなたに効果のあると言われるサプリメントと食べ物を紹介します。

この点についてご紹介します。

スポンサーリンク

効果のあるサプリメント

d435f43a1d74408252debc603d4ad82a_s

早く骨折を治し、骨を丈夫にするには次のような栄養成分を積極的に摂りいれることがポイントです。

サプリメントとしては、コラーゲンやコンドロイチン、グルコサミン、ビタミンC、またその他としてバランスのとれたビタミンとミネラルなどです。

このような成分を効果的に摂り入れることで、骨折を早く治したり、丈夫な骨を運動や年齢に関係なく作ったりすることができると言われています。

①コラーゲン・Ⅰ型コラーゲンサプリ

a43fbaa39346f03b0a799c3050a42e22_s

コラーゲンのサプリとしては、ファイバープロテインというコラーゲン成分です。
これは、もともと人体に含まれているもので軟骨や骨、じん帯や筋肉などに多く含まれている繊維状のたんぱく質です。

その中でも大量に体内で存在しているのがⅠ型コラーゲンというものです。
このコラーゲンは、硬く強い線維状のもので皮膚の90%を占めているのです。

骨には、カルシウムとリンが多く含まれているのですが、Ⅰ型コラーゲンがそれらを繋いでいます。
骨の硬さというのはカルシウム成分で、骨の弾力性に関係しているのが、Ⅰ型コラーゲンなのです。

より小型の動物、つまり魚介類や畜肉類から栄養を補給する場合でも、その栄養素の起源は植物にあります。
植物は根を介して土壌中のミネラル、水分を吸収し、自らの体に必要な成分を合成しています。

*日本ではI型コラーゲンのサプリはあまり売っていないので、関節痛に効果のある非変性Ⅱ型コラーゲンを代用して下さい。
種類は違いますが、似ている栄養素です。

 

 

植物が根から取り入れた栄養素を使って、自らの体を合成する過程を「同化」と呼びますが、この同化を受けることによって、土壌に含まれていた金属ミネラルが他の生物にも利用され易い、粒子の小さな水溶性ミネラルに変化するのです。

 

こうして変化してできたミネラルを食事としてとるのが人間の本来の姿であって、鉱物にいくらミネラルが豊富に含まれていても、食事補給に利用すべきではありません。

岩石や岩塩など、純然たる鉱物から分離精製されたミネラルは「金属ミネラル」と呼ばれ、非常に粒子の大きな、人体に利用し難い構造をしています。

また、もっと大きな問題として、金属ミネラルは水溶液中で一見、溶解・分散しているように見えますが、実際にはほとんど溶けてはいません。

つまり、元々人体には吸収されにくい性質を持っているのです。

②コンドロイチン

a0d2db3ecb384e74c31882912e3a2e17_s

コンドロイチンのムコ多糖体というものが、影響します。

ムコ多糖体は、ムコ多糖たんぱく質複合体と言われるもので、体内ではコラーゲンやグルコサミン、エラスチンの生成に関係しています。

例えば、体の仕組みをベッドに例えますと先述しましたコラーゲンは、バネやスプリング等の骨組みを担当しており、スポンジなどの詰め物材であるクッションの役割をムコ多糖体が果たしています。

ベッドには、充分なクッション材が詰め込まれていないと快適な寝心地にはならないように、体の機能面でもムコ多糖体の働きが重要なのです。

③ビタミンC

1aa5a81c946c476a2ce77db72aeedff3_s

ビタミンCは、水溶性で別名をアスコルビン酸と呼ばれるものです。
ビタミンCの代表的な効果は、体の老化にもつながる酸化を防ぐという働きですね。

さまざまなストレスなどによって発生する活性酸素を、ビタミンCが身代わりになって酸化されることで、体を酸化から守ってくれるのです。
また、コラーゲンの合成にも欠かせないビタミンです。

このようにさまざまな働きがあるのですが、骨に関係するものとしてコラーゲンの合成や、鉄分の吸収を腸で高めるというものもあります。

④総合ビタミン

総合ビタミン剤には、ビタミン剤やアミノ酸剤、肝臓製剤などが適量に配合されており、総合的に新陳代謝機能を高めて、疲労回復や栄養補給、肝臓機能の回復などが図れます。

混合ビタミン剤の一種ともいえますが、ビタミンというのは各種類が混ざることで作用が高まると言われています。
でも必要以上に量を増やすのは、あまり意味がありません。

⑤総合ミネラル

本来であれば、食物連鎖の流れによって人間は、さまざまな動植物を食べることで栄養補給ができるようになっているものがミネラル成分です。
それを効果的に取り入れて、体の機能回復を図るために摂取するサプリメントなのです。

このようなサプリメントをバランスよく積極的に摂ることで、骨折を早く治したり骨を丈夫にすることができます。

骨折の完治にかかる部位別の期間【足指・腕・足・足首・手首・指】

カルシウムも摂った方がいいのですが、その場合には一般的な食材から摂った方が効果的なようです。
また、さまざまなサプリメントを飲む場合には、医師とよく相談して適量を心がけてください。



スポンサーリンク


効果のある食べ物

①カルシウムを多く含むチーズ、煮干しなど

75eab1cd63006964d0a13d6edb619740_s

やはりカルシウムは、必要ですね。煮
干し、干しエビ、パルメザンチーズなどのチーズ類、えんどう豆などがあります。

チーズには、コラーゲンは含まれないのですが良質のたんぱく源も摂れますので、毎日少しずつ食べると良いですね。

②コラーゲンを多く含む軟骨のから揚げ

1e9d7a76df8a6114a5c7f459b3793825_s

骨折の際の骨の修復に造られるのが仮骨ですが、軟性仮骨というものはコラーゲンと糖たんぱくのプロテオグリカンからできています。
また硬性仮骨は、コラーゲン繊維でできているのです。

コラーゲンは、主に動物性のたんぱく質に含まれていますが、軟骨やスジ肉などのゼラチンの多い部位に多く含まれ、精肉部分は少なくなります。

また、魚の皮の部分にも多く含まれていますので、ハモやうなぎ、塩鮭も皮の部分まで食べるといいですね。

③たんぱく質を多く含む肉類

87913b093649016c61dd3859894c1b3b_s

たんぱく質が、コラーゲンを作るには欠かせないもので、たんぱく質が不足すると骨折の治りも悪くなります。

食物としては、先ほどのコラーゲンを取る時と同様に動物性のたんぱく質から摂ってください。

④ビタミンCを多く含む柑橘類

9837487f162f21ba32583caff710d0e9_s

コラーゲン繊維の合成には、ビタミンCも欠かせません。
ビタミンCのアスコルビン酸が必要なのですが、植物性でも動物性でも化学合成でも働きは同じですので、しっかり摂ってください。

食べ物から摂るならやはりフルーツが効率的です。
柑橘類やイチゴ、キウイなどの果物やパプリカやパセリ、じゃがいもなどの野菜類にも含まれています。

上手く季節ごとの果物や生野菜も、旬の物を食べると味覚的にも満足できますし、ビタミンCも確保できますよ。

⑤鉄を多く含むレバー

e517c900b2165c456d142bf0509d56b1_m

コラーゲン繊維の合成には、鉄成分も必要です。
ヘム鉄などの動物性鉄分が、良いですが、煮干しや豚レバー、鶏レバー、鶏ハツ、はまぐり佃煮、鮒甘露煮などです。

やはり、レバーや内臓系に多いようですね。
貧血対策にもなりますので普段から摂るようにしてください。

⑥ビタミンDを多く含む煮干し

52204b6b3c3a018e0c43c94ffed5ee26_s

ビタミンDは、カルシウムの吸収や代謝に欠かせないものです。

というのもカルシウムをたとえたくさん摂取したとしても、ビタミンDが不足した場合には骨の形成に支障が出ます。
骨軟化症というビタミンD欠乏症です。

ビタミンDは、魚にたくさん含まれており、特にしらす干しや煮干しは優れています。
また、カルシウム源にもなりますのでお勧めです。植物性では、きくらげに多く含まれています。

このように骨折などの怪我の治りを早めるには、筋肉や骨を効率よく作ってくれるような食事を摂ってください。
毎日少しずつ骨や筋肉は、壊されては作り変えられますので、そのサイクルに働きかける食物を効果的に摂る事が重要なのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す