グレープフルーツの効果効能!朝と夜どちらに飲むほうがいい?

スポンサーリンク

 

皆さんは、グレープフルーツが好きですか?

グレープフルーツは、他の柑橘系の果物よりも好き嫌いが分かれる果物です。

ただ、嫌いな人もグレープフルーツが体にさまざまな効果効能を与えてくれると知ったらどうするでしょう。

ここでは、グレープフルーツの効果効能や摂取する時間などについてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

グレープフルーツの効果効能って?

グレープフルーツの効果効能って?

グレープフルーツは、酸味が強い果物と思われがちですがそうではありません。食べることによって体にさまざまな効果を発揮してくれます。

ここでは、皆さんがあまり知らないグレープフルーツの効果効能について詳しく見てみましょう。

グレープフルーツの効果効能を知る前に、まずグレープフルーツに含まれる栄養についてみて見ましょう。

“グレープフルーツに含まれる栄養は?

グレープフルーツのカロリーは210g(1個(可食部のみ)で80kcalのカロリー。

グレープフルーツは100g換算で38kcalのカロリーで、80kcalあたりのグラム目安量は210.53g。

炭水化物が多く20.16g、たんぱく質が1.89g、脂質が0.21gとなっており、ビタミン・ミネラルではビタミンCとパントテン酸の成分が高い。

引用元: カロリーSlism

このようにさまざまな栄養素が含まれているだけでなく、カロリーも低いというのがグレープフルーツの特徴になります。

グレープフルーツの栄養によって、体にさまざまな効果効能を与えてくれるのですが、体にどのような影響があるのか見てみましょう。



スポンサーリンク


グレープフルーツの効果効能

疲労回復

グレープフルーツに含まれる【クエン酸】には、糖代謝を活発にさせる働きがあります。

この働きによって、疲労によって体内に溜まってしまった乳酸が代謝され、疲労を回復させることができます。

また、グレープフルーツにはエネルギー源となる、ブドウ糖や果糖なども含まれています。

ストレス緩和

グレープフルーツには、皆さんが知ってのとおり【ビタミンC】が含まれています。また、外の皮には【リモネン】という香り成分が含まれています。

これらの効果によって気分をリフレッシュさせることができ、ストレス緩和に効果があります。

コレステロールを下げる

グレープフルーツは、水溶性食物繊維の【ペクチン】が含まれています。このペクチンは、コレステロールが体の中に吸収させるのを防ぐ働きがあります。

この働きによって、コレステロールを下げ高血圧や動脈硬化などのコレステロールによる病気を防ぐことができます。

肝機能を高める

グレープフルーツは、「抗脂肪肝ビタミン」といわれる【イノシトール】という成分が含まれています。このイノシトールには、食生活の乱れなどによって起こる脂肪肝を予防し、肝機能を正常に保つたり、肝機能を高めたりすることができます。

美白・美肌

グレープフルーツに含まれる【ビタミンC】は、1個食べることで1日に必要な摂取量の約8割を補うことができます。

このビタミンCには、コラーゲン生成やシミ・そばかすを予防する効果があるので、美白・美肌に効果を発揮します。

ダイエット

グレープフルーツは糖質が少なく、外の皮などに含まれる香り成分は細胞の中に溜まっている中性脂肪を少なくする働きがあります。

それだけでなく、中性脂肪の合成に関わっている酵素の働きを抑えることができるため、中性脂肪がたまらない体を作ることができるので、ダイエットに効果があります。

これ以外にも、グレープフルーツにはいろいろな効果・効能があります。

  • 二日酔いの軽減
  • 精神安定
  • 老化予防
  • 冷え症改善
  • 便秘解消
  • ガン予防
  • 出生時障害予防

など

グレープフルーツは、食べることによって男性・女性ともに体にいい効果を得ることができるので、1日1個は食べると良いですね。

ただし、グレープフルーツは睡眠剤や精神安定剤などと併用すると薬が効きすぎてしまったり、高血圧の治療薬などと併用すると副作用が出てしまう可能性があります。そのため。薬を服用している方はグレープフルーツを食べていいのかなど、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

グレープフルーツは朝と夜どっちに食べるほうがいい?

グレープフルーツは朝と夜どっちに食べるほうがいい?

グレープフルーツはさまざまな効果を発揮しますが、皆さんはいつ食べていますか?

朝食べる方もいれば、夜食べる方もいると思います。しかし、グレープフルーツの効果を得るために食べるなら、効果を発揮してくれるときに食べたいですよね。

ここでは、グレープフルーツは朝か夜どっちに食べるほうがいいのか見てみましょう。

グレープフルーツを朝食べる方もいれば、夜食べる方もいます。

実は、どちらも食べる時間に関して正しいです。

通常、果物は朝に食べると良いとされています。

その理由として、夜にフルーツを食べてしまうと、エネルギーとなる糖分を夜のうちに消費することができず、体内に蓄積され太ってしまうからです。これは、グレープフルーツにもいえることで、グレープフルーツにもブドウ糖や果糖などの糖分が含まれているので、夜に食べると太る可能性があります。

しかし、グレープフルーツなどの柑橘類は朝食べると、【ソラニン】という成分が紫外線を吸収させやすくしてしまうため、シミなどの原因になってしまいます。

つまり、

  • 太ることが気になる方は【朝】
  • 肌のことが気になる方は【夜】

というように食べ分けると良いかもしれません。

ただし、どちらが良いかといわれれば【朝】グレープフルーツを食べたほうが良いです。

ただその際、グレープフルーツを食べ時間に注意が必要です。グレープフルーツを食べた後にすぐ外出すると、紫外線を吸収させやすくなりしみなどの原因になります。

そうならないためにも、グレープフルーツを食べる際は朝食の約30分前に食べるようにしましょう。

これは、紫外線を吸収させにくくするのもそうですが、食事と一緒に食べたり食後に食べたりすると、他の食べ物によってグレープフルーツに含まれる成分が遮られ、体に吸収されにくくなってしまうからです。

グレープフルーツを食べる際は、このようなことに注意して食べるようにし、体にいい成分を取り入れるようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す