うつ病を患う部下が仕事を継続できるようなおすすめの接し方とは?

スポンサーリンク

 

年が変わり、自分が部下を持つ立場になった人あるいはこれからなる人もいらっしゃるのではないでしょうか。

昨今、某大手広告代理店の新入社員が自殺してしまい、長時間労働が再度問題視されるきっかけとなりニュースで大きく取り上げられております。

もしも、自分の部下がうつ病になってしまた場合、上司としてどのようなことができるのでしょうか。

うつ病は、原因は人それぞれですが、社会人のうつ病の多くが仕事上のストレスが原因となっていることが多い現状です。

そのような背景の中で職場の上司としてどのような関わり合い方ができるのでしょうか。

スポンサーリンク

長時間労働はさせない

長時間労働はさせない

うつ病を患って治療していながらも、休職するほどの症状ではなく仕事は通院治療をしながら継続している方もいると思います。あるいは、一度休職して復職した方もいるのではないかと思います。

どちらにも共通して言えることなのですが、そのような方に長時間労働をさせるようなことは避けることが望ましいです。

だからといって周りの社員に「○○さん(うつ病の社員)にお願いすることができないから△△さん(元気な他の社員)お願いできるかなぁ。頼むよ!」とこのような頼み方を周囲の人間に継続していると、今度は元気であったはずの周りの人間の不満が募ってしまいます。

人間ですので頭ではわかっていながらも、自分がフォローに回ることで業務が増えていることになりますので、職場の雰囲気として○○さん(うつ病の社員)への風当たりが強くなることがありますので避けなければなりません。

長時間労働を避けるために、国は昨今三六協定の見直しを検討する等法改正の意向も示しつつあります。

今後、今よりも働き方が変わっていくかと思いますので、上司として長時間労働是正に取り組むことも重要であると思われます。



スポンサーリンク


配置転換や転勤をした場合のフォロー

配置転換や転勤をした場合のフォロー
これは特に、休職後の復帰の場合なのですが休職していた場合、業務や事業内容によっては復職する場合に元の所属部署ではなく、新たな部署で働く配置転換や転勤が行われることも多いのではないでしょうか。

その場合は、自分が元いた部署の上司である場合と、新しく受け入れる部署の上司であることが考えられます。

どちらの場合でも同様なのですが、うつ病の方でなくても転勤や配置変換は思っている以上に本人にとっては負担になります。

まして、うつ病患者さんですのでストレス耐性は元気であった時と比べて衰えているといってよいです。そのことを踏まえた上で、慣れない環境に少しでも馴染めるようにサポートしてあげる配慮が必要です。

環境の変化は大きなストレスになりますのでそこを乗り越えることができたなら、本人も自信になり、うつ病の改善が見られ、以前のように仕事に取り組めるまでに回復するかもしれません。

積極的な声がけを行う

積極的な声がけを行う
うつ病の方は、仕事で必要な能力が少し衰えてしまっている状態になることも多いです。症状は人それぞれですが、例えば記憶力の低下、判断力の低下、コミュニケーション能力の欠如などが考えられます。

そのため、仕事上のミスを事前に防ぐためにもこまめに声がけを行いましょう。

仕事上のミスを繰り返してしまうことで、うつ病の社員自身がどんどん自身を喪失してしまい、症状を悪化してしまう可能性があります。

また、コミュニケーションを取りたくてもうまく取ることができない場合も考えられますので、話しやすい雰囲気を作りこちらから話をするように心がけmコミュニケーションをとるようにしましょう。

まとめ

うつ病の部下がいた場合、どうしても上司は「どうして接したらいいかわからない」という人も多いかもしれません。

しかし、少し気をつけるだけでうまく対応できることも多いです。

そのような職場環境で働きたいとうつ病の社員だけではなく周りの社員もサポートできるような体制を作れるようにしていきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す