うつ病で休職していた人が完治し再就職できるまでの可能性や確率とは?

スポンサーリンク

 

うつ病が原因で休職していた場合、仕事が原因によるうつ病の場合は以前と同じ職場に戻ってしまった場合には結局問題が解決しない可能性も高くなります。

休職した際には療養が済んだら元の職場に戻ろうと頑張っていたものの、気持ちの整理をつけると、元の職場に戻る事自体が不安である場合などは、思い切って転職を考えてみても良いかもしれませんね。

そこで、今回はうつ病にかかった際の仕事を休職した後に、別の企業に再就職しようとした場合にちゃんと仕事に戻ることができるのか、またその際に注意しなければならない点についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

うつ病と診断され休職した場合の主な症状

うつ病と診断され休職した場合の主な症状

うつ病と診断され、その症状により産業医や主治医・雇用主と相談の上で、休職することになったとします。休職に至ってしまった場合は、うつ病の症状としても務に支障が出ている可能性が高いです。

例えば、不眠になってしまった場合です。仕事のことが寝ようと思っても頭の中で浮かび上がってきて寝ることができないというような具合です。

うつ病はある程度の期間まとまった休養期間を必要としますので、主治医からそのような症状がある場合には休職を勧められることもあると思います。

休職した後に職場復帰した際に、一般的には元の部署に戻すということはよくないとされ、本人とのヒアリングの元に職場復帰する際の部署が決められます。

しかし、なかなか復帰した後もなれない部署に異動したことで、かえって仕事にストレスを感じてしまい症状を再燃させてしまい、周りからよく思われてないのではないかと被害妄想が芽生えてきてしまうことがあります。その場合には、一つの職場に固執することなく思い切って環境を変えてみるのも手だと考えられます。

それでは、うつ病の既往のある人が再就職を試みることは果たして可能なのでしょうか。よくある疑問点と合わせてご紹介したいと思います。



スポンサーリンク


うつ病であったことは就職活動をする際にバレてしまいますか?

うつ病であったことは就職活動をする際にバレてしまいますか?

今現在の症状によると思います。

薬物治療や療養がうまくいっていて、その後通院等も一旦終了し、日常業務に支障がない場合であれば特にいう必要はないと考えられます。

企業側からそのような旨の質問があった場合に「嘘」をついてしまうと後々に問題になってくる可能性がありますので、その際にはきちんと過去の話をお話しし、今はとても症状が安定していると伝えましょう。

今現在も通院や薬物療法を続けている場合に関しては、労働契約が締結した際には労務を提供する義務を負うことになるので、会社が求める労働契約上問題なければ、特にこちらから積極的にいう必要はないでしょう。

面接でなぜ前職を離職したのか問われてしまいました。やっぱ再就職は難しいのでしょうか?

転職活動をする際には、一般的な質問としてなぜその人がその企業を離職するに至ったかを質問することは、「一番聞かれる質問」と思っておいてください。

企業側も採用してすぐにまた離職されてしまっては困るわけですので、前職の離職理由が自分の会社にも大いに当てはまると判断した場合は、双方のためにならないので事前に聞いておきたいわけです。

うつ病になった人は採用されづらいですか?

うつ病になった人は採用されづらいですか?

雇用主は、労働者の社会保険を担いますので、倫理的な部分や個人情報保護の観点を度外視して考えると、なんの薬物がその人に処方されたかや、どのような医療機関を受診したかを見てしまえばその人がうつ病かどうかはわかってしまうこともありえます。

しかし、そのような方法で調べたとなると、後々問題となりますのでやらないでしょう。

採用されるときにうつ病にかかったことがある人と、同じ年頃で同じような経歴の人が2人同時に中途採用面接に来ていたら企業側はどちらを採用するでしょうか?

現実問題、問題が起こらなそうなので後者を採用することになるでしょう。

そうなりますので、よほど自分にその分野で貢献できるとか、その分野の即戦力になりうると会社が判断した場合以外では、うつ病に罹患していることを明かした上での転職活動は困難になりそうです。

とりあえずなんでもやる姿勢

健康第一ですので、あくまで自分の体調と向き合いながらできる限りのことは行い、企業側に利益を与えるような人材になりましょう。

そのような姿勢で取り組んでいれば、会社側は次に体調が悪くなってしまった場合でも、円満な人間関係で仕事に取り組むことができると思います。

予定を詰め込みすぎない

転職を行わない場合は、産業医と相談して例えば、出張をともなわない部署に異動させてもらう等の配慮をお願いすることは可能なのですが、再就職した場合には(特にうつ病の既往があることをオープンにしていない場合は)これに注意が必要です。

新しい職場で頑張りすぎて無理をしすぎてしまうことは禁物です。予定を詰め込みすぎてしまうと、いつの間には疲労が蓄積し、疲弊してしまいます。

自分自身で予定を管理する能力が必要になります。今週はこれ以上予定を入れないようにしようなどの調整をつけれるように努力してみましょう。

まとめ

結論から申しますと、うつ病にかかった後であっても再就職は可能です。

しかしながら、うつ病の既往があることをオープンにした場合と、言わなかった場合では確率としては言わなかった場合の方が一般的にどうしても採用されやすくはなってくると考えられます。

しかし、面接の際に嘘をつくことは絶対にダメです。

相手から聞かれたことに対しては真摯に対応する姿勢で再就職活動に挑みましょう。その熱意とやる気で採用を勝ち取れるかもしれません。

また、休職中に色々なスキルを身につけ、即戦力となれるように勉強をするというのも一つのやり方だと考えられます。

もちろん症状によりますが、自宅療養をしていて本を読むことや、自分の好きなことを調べることが苦にならない状態であれば、例えば次の仕事で行かせるような資格を通信教育で自宅学習するという方法も良いのではないでしょうか。

スキルがあれば、うつ病の既往があってもその症状が安定していれば十分に第一線で再び活躍する事も可能です。少しずつこれからの事を考えていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す