うつ病を患う家族への禁句と接し方の注意点とは?

スポンサーリンク

 

家族の誰かがうつ病を患ってしまった場合、家族は少しでも早く症状が改善されることを願い、サポートしたいという思いがあるものの、実際どのように対応したら良いのかわからないことがあるかと思います。

確かにその辺りの情報は不足しているように感じられます。

うつ病の患者さんは家族の支えにより、症状が寛解してくることもよくあります。一番身近な存在である家族につらい時に支えてもらえたら、うつ病の患者さん自身も安心して、治療に励めるのではないでしょうか。

そこで今回は、家族がうつ病を患った場合に、言ってはいけない言葉と接し方の注意点を考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

「○○しなさい!」は禁句

「○○しなさい!」は禁句
うつ病を患っている場合、今までできていたことができなくなったり、活動力が落ちているので遅くなったりします。

その際に家族がイライラしてつい言ってしまいそうな強制的な発言。これは厳禁です。うつ病の患者さんは、自分自身で以前できたことができなくなっていることを感じています。

そこで、駄目押しのように家族が命令口調で接してしまうと、より「自分はダメだ」と思い込んでしまい症状を悪化してしまう可能性がありますので避けましょう。



スポンサーリンク


励ますことをしない。「頑張れ」は厳禁

励ますことをしない。「頑張れ」は厳禁

よくうつ病の人には「頑張れ!」という言葉をかけてはいけないと言います。

それはその通りです。なぜかというと、「なぜ自分は頑張ることができなくなってしまったんだろう」と常に頭の中でうつ病の患者さんは考えている状態ですので、自分の今できる範囲で頑張っているのです。

頑張っている人に「頑張れ!」というのは厳禁です。

特にうつ病の患者さんの場合は、頑張りすぎた結果うつ病になっていますので、このような励まし方は避けたほうが良いでしょう。

弱音を吐いてしまったり、がっかりしている発言が受け取れた場合は、そのうつ病の患者さんの今の気持ちを受け止め、「今はそういう気持ちなんだね」と受け止めてあげるようにしましょう。

受容されていると感じることで、安心して治療や療養に気持ちが専念できると思います。

なぜ病気になったのかを探ろうとしない

うつ病の原因は人によって様々です。家族から見たら「そんなことでなったの?」と感じることが原因のこともあるかもしれませんし、小さなことが積もり積もって、結果としてうつ病になっていることもあります。

専門医であっても、病気の原因が何であったのかを特定することは難しいので、詮索しないことが望ましいです。

しかし、何らかの心理的要因があらかじめ特定できている場合は、その原因を避けるようにサポートしてあげることは、時によっては家族の役割になります。

うまく見極めて対応できるようにしましょう。

焦りは厳禁

焦りは厳禁

うつ病を患い、特に休職している時にありがちなのですが、「早く復職できるといいね」という声かけです。一見ポジティブに励ましているように感じますが、うつ病の患者さんにとって、これは原因です。

「早く復職しよう」と頑張ってしまうことでより症状を悪化させてしまうことや、治りが遅くなってしまうことがあります。

今の段階は治療に専念することが仕事になりますので、家族はそれを理解した上で、サポートしていきましょう。

なるべく特別扱いしない

なるべく特別扱いしない

家族がうつ病を患ってしまった場合、どうしても過保護にしてしまいがちです。

過保護になる理由は、例えばこれ以上症状を悪化させないようにしようという気持ちや、一人で家にいたら自殺してしまわないか、不安であるという場合もあるかも知れません。

しかし、特別扱いをされていたり以前と接し方が大きく変わってしまうと、うつ病の患者さん自身もそれは敏感に感じ取ります。

その以前とは違う雰囲気がかえって、うつ病の患者さんが「自分が病気になってしまったからだ。」と、がっかりしてしまう原因となり、安心して休める場所ではなくなってしまう場合も考えられるため注意が必要です。

規則正しい生活を送れるようサポートする

規則正しい生活を送れるようサポートする

うつ病の原因の一つが昼夜逆転です。

「適切な時間に寝床につき、十分な睡眠時間を取り、そして適切な時間に起床する。」

このような基本的な生活習慣が、うつ病治療には重要です。生活リズムが確立できるように家族もサポートしましょう。

ご飯を食べる時間帯が不規則になるようであれば、家族がなるべく一緒に食事を摂るように声かけを行ったり、寝る時間も家族が寝床につく頃に一緒に眠れるように声かけをするなど特別扱いをする必要はないのですが、さりげないサポートをすることが理想的です。

無理して外出させない

無理して外出させない

健康な人の気晴らしの場合「イライラしたから気分転換に買い物に行こう!」や、「気分転換に旅行にでも行こうか?」というのは非常に効果的なのですが、うつ病の患者さんの場合そうはいきません。

家にこもりきりになったとしたならば、家族はとても不安な気持ちになると考えられますが、そこは患者さん本人が外出したい時に付き添って、一緒に出かけるようにしたほうが良いでしょう。

話をしっかり聴きましょう

話をしっかり聴きましょう

うつ病の患者さんの話にしっかりと耳を傾けて、話を聞くように心がけましょう。

話をしたがらない内容を詮索する必要はありませんが、本人が話したいと思う内容は、一番身近な存在である家族が聞いてあげることが、本人にとっても安心できると思います。

本人が話したい内容を見守りつつ、聞くという姿勢でいることが重要だと思います。

自殺のサインやSOSに気がつく

自殺のサインやSOSに気がつく

うつ病の患者さんで最も気をつけなければならないことは、気分の落ち込みが激しくなった時に消えてなくなりたいと感じるような、消失願望が出てしまうことです。

自殺や自殺未遂から患者さん自身を救うためにも、身近にいる家族が日々の生活の中で些細な変化にも気がつけるような体制をとることが望ましいです。

可能な限り受診の際に付き添う

可能な限り受診の際に付き添う

医師にとって、患者さん本人の視点以外の観点から日々の様子を知ることができるので、医療機関を受診する際には、なるべく家族が付き添って受診できると良いと思います。

患者さんによっては「一人で病院にも行けない自分はダメだ」と思い込んでしまう人も中にはいますので、なぜ、一緒に行こうとするのかは患者さんに合わせた理由付けで話をすると良いと思います。

上記に書いたような場合であれば、「病院のそばのお店に用事があるからついでに行こうかな」というような気軽な雰囲気で一緒に行くことも良いかもしれません。

まとめ

うつ病の患者さんにとっても、家族は一緒に過ごすことで心が休まる存在であると言えます。

休職している時は、家族と過ごして少しでも心を休ませることで症状が寛解していくと考えられますし、仕事をしながら治療している場合は、職場でとても辛いことがあって耐えられなくなったとしても、家で家族が温かく迎え入れてくれたら優しい言葉をかけてくれれば、「ホッと」一安心できるのではないでしょうか。

そのためには、うつ病とはどういう病態であるのかを家族がしっかりと理解することが大切です。うつ病は決して珍しくない疾患です。いつ誰が陥るかはわかりません。

大切なのはうつ病になる前段階のサインに家族が気がつくことで、病気になる前に対応できるのが本来の理想です。

ただでさえストレスが多い現代社会です。長時間労働の問題も話題になっておりますが、大切な人が大変な時は、家族は全力で適切にサポートできる存在でありたいものですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す