うつ病と診断されたら会社を休職するべきか?仕事を続けるべきか?

スポンサーリンク

 

うつ病は仕事熱心である真面目な人がなりやすいと言われています。

責任感が強いため、仕事をする上で職場の人も頼りにしている面も多いと思います。ストレスを溜め込みがちで、完璧主義の人も多いとされています。

責任感が強いがゆえに、いざうつ病と診断されたとしてもなかなか休職に踏み切ることに勇気がいるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

うつ病と診断されたら

うつ病と診断されたら

うつ病と診断されたら、一番大事なことは「休むこと」です。

仕事を続けながら治療を続けるよりも、会社を休職してしっかりと病気を治す方が症状の改善が早いと言われています。

うつ病になる人は責任感が強い人が多いので、「今仕事に穴を開けることはできない」とうつ病であると診断された後であっても誰にも相談できずに悩むことがあるでしょう。

こうした悩むことが、うつ病の症状を進行させてしまいかねません。

ストレスがうつ病の大きな原因の1つですので、うつ病になり以前よりも集中できない状況下で仕事をすると、仕事が上手くいかない自分自身に嫌気がさすこともありますし、さらにストレスを溜め込んでしまう可能性もあります。



スポンサーリンク


休職をすると職場復帰は難しい?

休職をすると職場復帰は難しい?

そうは言っても、休職したらもう会社で働くのは気まずくなってしまうのでは?と思う人もいるかもしれません。

勤め先の雇用契約書や就業規則によりますが、休職は会社に籍を残しながら一時的に仕事を休むことができる制度です。就業規則や雇用契約に基づいて休職をする場合は、「権利」ですので気にすることなく本来は休んで良いわけです。

就業規則や雇用契約に該当する休職であれば、企業側は万が一休職をしたことで、降格や退職に追いやるような雰囲気があれば、企業側の対応が不当であると判断できる場合もあります。

仕事は続けて大丈夫なのか?

適切な期間休養をすれば、うつの症状は改善されていると考えられます。その際は、主治医の先生と企業側と相談して復職時期を考えるようになるでしょう。

仕事自体は続けることが望ましいと思われます。しかし、うつ病の原因が仕事にある場合は復職することで、一度改善された症状がまた再燃してしまうこともありえます。

場合によっては転職をすることも選択肢として考えても良いと思います。

うつ病で休職した後に転職する場合は?うつ病で休職した後に転職する場合は?

再就職をする際には、休職していたことは次の職場には資料として残るわけではありません。

以前の職場に、個人が休職していた経験があるのかどうかを問い合わせることは法律で禁止されています。

採用面接の際に、積極的に自分から言う必要もないと考えられます。

しかし、どんな場合であっても「転職の理由」は面接で問われますので、どのように答えるかは考える必要があります。

非正規雇用の場合は休職できるのか?

非正規雇用の場合は、雇用契約書の内容にもよりますが、一般的には休職はできないです。

派遣社員の場合は、今働いている職場からの籍はなくなることが多いと思います。

アルバイトやパートの場合は職場に左右されると思います。

アルバイトやパートの場合はシフト勤務のことが多いと思われます。シフトの穴を埋めるために誰か他の人を雇いますので、復職したい時期に空きがあるとは限らないと言えます。

まとめ

うつ病であると診断された場合は、まずは一度落ち着くためにも休職できる環境であれば休養を兼ねて休職することをお勧めします。

就業規則を確認し、休職事案に該当するか確認しましょう。

休職ができない環境下で働いている場合は、主治医と相談してみましょう。

離職してしまうと、自分が無職になってしまったことがとても不安に感じてきてしまい、逆に症状を悪化することも考えられます。

うつ病になった原因によるところもありますので、まずは一人で考え込まずに主治医に相談しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す