認知症の予防に効果のある食べ物とサプリ・飲み物を5つずつ紹介!

スポンサーリンク

 

認知症になると記憶障害などの症状を引き起こすためなりたくない病気の1つですよね。風邪などの病気などのように予防できればいいと思いませんか?

しかも、食事などを摂ることで気軽に予防できればいいですよね。ここでは、認知症予防に効果のある食べ物サプリ飲み物などをご紹介していきます。

スポンサーリンク

認知症予防に効果のある栄養素って何?

認知症予防に効果のある栄養素って何?

認知症予防に効果のある食べ物などを知る前に、まずは認知症予防に効果のある栄養素を知っておく必要があります。

ここでは、認知症予防に効果のある栄養素についていくつかご紹介していきます。

プラズマローゲン

ホタテ貝や鶏むね肉などに含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症に効果があります。

効果としては、アミロイドベータによる学習機能障害を改善したり、アミロイドベータが溜まるのを防いだりすることが出来ます。

アミロイドベータとは?

脳神経細胞の老廃物で蓄積が続くと脳神経細胞先端部を傷つける物質

引用元:一般社団法人 認知症予防協会

また、神経細胞を新しくしたり、抗酸化作用に効果を与えることもできます。

DHA・EPA

サバやサンマなどの青魚に含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症、パーキンソン病などに効果があります。

効果としては、記憶力や判断力を向上させる働きがあります。また、血液をサラサラにしたり、血糖値を下げる効果もあり、動脈硬化の予防や改善をすることもできます。

ナットウキナーゼ

納豆に含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症、脳梗塞などに効果があります。

効果としては、血栓成分を分解し血流を改善してくれる働きがあります。また、コレステロールや中性脂肪を抑え、ビタミンBを増やす効果もあります。

ホスファチジルセリン

大豆に含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などに効果があります。

効果としては、シナプスの現象を防ぐことができ、ドーパミンやセロトニンの分泌を促す働きがあります。また、ストレスによるイライラなどに効果を発揮するだけでなく、記憶力の改善にも効果があります。

イチョウ葉エキス

銀杏に含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症、パーキンソン病などに効果があります。

効果としては、脳や毛細血管の血流を改善し血流を良くします。また、アミロイドベータが溜まるのを防いだり、減らしたりすることもできます。

フェルラ酸

米ぬかに含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症や前頭側頭型認知症、レビー小体型認知症などに効果があります。

効果としては、コレステロール値を下げ前頭葉の血流を良くし、個億力など脳機能全体を改善することが出来ます。

ジオスゲニン

山芋に含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症や更年期障害などに効果があります。

効果としては、滋養強壮に効果を発揮し、性ステロイドホルモンを増やす作用があります。また、アミロイドベータを減らしたり、更年期障害を改善することもできます。

ポリフェノール

赤ワインなどに含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症や脳血管性認知症などに効果があります。

効果としては、強い抗酸化作用があり血管を柔らかくしたり、血圧を下げることが出来ます。また、アミロイドベータを抑える働きもあります。

クルクミン

ウコンに含まれる栄養素です。アルツハイマー型認知症やパーキンソン病などに効果があります。

効果としては、活性酸素を抑えストレスなどから脳神経を守ります。また、記憶力を高めたり体を健康に保つことが出来ます。



スポンサーリンク


認知症予防に効果のある食べ物って何?

認知症予防に効果がある栄養については分かっていただけましたか?

それでは、認知症予防に効果がある食べ物にはどんなものがあるのでしょう。ここでは、認知症予防に効果のある食べ物を5つご紹介します。

オリーブオイル

オリーブオイル

オリーブオイルに含まれる「オレイン酸」が、アルツハイマー型認知症の原因でもあるアミロイドベータの量を減らします。

オリーブオイルをサラダのドレッシング代わりに使うと抗酸化物質を含んだ健康的な食事になります。また、通常炒め物などに使うサラダ油をオリーブオイルに変えるだけでも認知症予防に効果を発揮します。

ただし、脂質は摂りすぎてしまうと体に良くないので、1日大さじ2杯程度を目安に調理で使うようにしましょう。

魚

いろいろな魚の中でもイワシやサバなどの青魚やマグロやブリ・ウナギ・鮭などに含まれるDHAやEPAが脳に良い働きをしてくれます。

焼き魚や刺身などで摂取すると認知症予防に効果を発揮するだけでなく、体の代謝を良くすることもできます。

魚は摂り過ぎると体に不調を与えるものではないので、できるだけ食べる回数を増やせるように食事の際は意識してとるようにしましょう。

豆腐などの大豆製品

豆腐などの大豆製品

豆腐などの大豆製品には、認知症予防に効果のある「ホスファチジルセリン」や記憶力を良くする「レシチン」という成分が入っています。

レシチンは、視覚や聴覚などから入ってきた情報をスムーズに伝えるために必要な「脳内神経伝達物質」を作り出します。レシチンを含んだ大豆製品をたくさん摂ることで、脳内の情報伝達が上手くいくようになり、脳全体の機能を向上させることが出来ます。

豆腐などの大豆製品を取り入れるためには、和食中心の食事にするのが最も簡単に摂取できる方法です。和食には、大豆でできた味噌や醤油などの調味料を使うことが多くそれ意画にも様々なメニューで大豆製品を摂ることが出来ます。

特に1日の始まりでもある朝に朝食として和食を食べると、栄養素を効率的に摂ることが出来ます。

納豆

納豆

納豆には認知症予防に効果のある「ナットウキナーゼ」だけでなく、記憶力を良くする「レシチン」や「ビタミンK」などたくさんの栄養素が含まれています。

大豆製品であるしょう油をかけて食べたり、油揚げなどに挟んで食べたりすることで大豆製品に含まれる栄養も一緒にとることが出来ます。それだけだと飽きてしまう方は、パスタやうどんなどに混ぜたりするとたくさん食べることが出来ます。

納豆を食べることで、脳を活性化させるだけでなく、脳の衰えを防ぐため認知症予防に効果を発揮してくれます。

カレー

カレー

カレーには、認知症予防に効果のある栄養素でもある「クルクミン」を含んだウコンをスパイスに使っています。

家庭で作るカレーにはルーを使っていると思いますが、カレールーに含まれるウコンの量は、本格的なカレーよりも少ないので量を増やすためには、ウコンを追加して入れると更に効果を発揮させることが出来ます。

また、1週間に1回カレーを食べると認知症を予防することが出来ます。

カレー以外にもサラダのドレッシングにウコンを混ぜたり、スープを飲む時に少し入れても認知症予防に効果のある栄養を摂ることが出来ます。

認知症予防に効果のあるサプリメントって何?

認知症予防に効果のある食べ物を毎日摂取することは意外と大変です。毎日どの栄養がどの食材に含まれているか考えながら食べなければいけません。

しかし、栄養だけを取るならもっと簡単な方法があります。それは、サプリメントで認知症予防に効果のある栄養を摂ることです。

ここでは、認知症予防に効果のあるサプリメントをご紹介します。

サントリー「オメガエイド」

サントリー「オメガエイド」

サントリーから出ている「オメガエイド」には、認知症予防に効果のあるDHAやEPA・ARAが配合されています。

食事だけでは脳に必要な量を摂取することが出来ませんが、「オメガエイド」を1日6粒飲むことで1日に必要な量の半分を摂取することが出来ます。

小さなソフトカプセルなので飲みやすく、認知症予防だけでなく活動的に過ごすことが出来ます。

セラピュアストア「フェルラブレインPLUS」

フェルラブレインPlus3

セラピュアストアから出ている「フェルラブレインPLUS」には、認知症予防に効果のある「フェルラ酸」「ホスファチジルセリン」「DHA」を配合しています。

それ以外も脳の血流を促す栄養素でもある「ビンマカイナ―」も配合しています。

これらの栄養素を凝縮してカプセルに閉じ込めています。カプセルなので飲みやすく毎日飲み続けることが出来ます。

小林製薬「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」

ナットウキナーゼ&DHA&EPA

小林製薬から出ている「ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット」には、認知症予防に効果のある「ナットウキナーゼ」や「DHA」「EPA」が配合されています。

それ以外にも、玉ねぎに含まれる「ケルセチン」が入っているため血液をサラサラにすることもできます。

納豆が嫌いで食事で納豆がとれない方には「ナットウキナーゼ」を摂ることが出来るサプリメントです。

リバティ「ジオフェルンZ」

ジオフェルン1

リバティから出ている「ジオフェルンZ」には、認知症予防に効果のあるジオスゲニンが配合されています。

1日に必要なジオスゲニンの量はなんと自然薯で2kg分食べなければとることが出来ません。

しかし、「ジオフェルンZ」を1日3粒飲むことで1日に必要な量を摂ることが出来ます。

それ以外にも「赤ワインエキス」や「イチョウ葉エキス」などを配合しているため、認知症予防に効果を発揮してくれます。

ogaland「イチョウ葉エキス」

ogaland

ogalandから出ている「イチョウ葉エキス」には、銀杏に含まれるイチョウ葉エキスが1粒90mg配合されています。銀杏をなかなかとることは出来ませんが、このサプリメントで簡単にとることが出来ます。

また、ビタミンB1やビタミンB2なども配合しており、認知症予防に効果を発揮してくれます。

認知症予防に効果のある飲み物って何?

認知症予防に効果のある栄養素を簡単にとるにはサプリメントがいいですが、サプリメントによっては金額が高いものもあります。

お金をかけずに簡単に認知症予防に効果のある栄養素を摂るには飲み物で取るのが1番です。ここでは、認知症予防に効果のある飲み物についてご紹介します。

赤ワイン

赤ワイン

赤ワインには、認知症予防に効果のあるポリフェノールがたくさん含まれています。飲むことによって予防することが出来ますが、お酒なので飲み過ぎに注意が必要です。

また、同じワインでも白ワインより赤ワインの方がポリフェノールが豊富です。

コーヒー

コーヒー

コーヒーには、認知症を予防する効果のあるポリフェノールと脳機能を防ぐ効果のあるカフェインが含まれています。

しかし、コーヒーも飲み過ぎるのは良くないので1日4~5杯を目安に飲むようにしましょう。

ココア

ココア

ココアには、認知症を予防する効果のあるポリフェノールがたくさん含まれています。

ココアには調整ココアと純ココアがありますが、純ココアの方が砂糖などを含んでいないため効果的に栄養を摂ることが出来ます。

緑茶

緑茶

緑茶には、茶カテキンがたくさん含まれています。カテキンはポリフェノールの1種で認知症予防に効果があります。また、抗酸化作用の働きのあるビタミンCも含まれています。

いつも飲んでいるものを緑茶に変えるだけで認知症予防に効果を発揮してくれます。

リンゴジュース

リンゴジュース

リンゴジュースを摂ることで記憶力を良くします。また、リンゴにはアミロイドベータの蓄積を妨げる効果もあり認知症予防に効果を発揮してくれます。

リンゴを認知症予防に必要な量摂るには、1日2~3個ほど食べなければいけませんが、ジュースなら簡単にとることが出来ます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す