便秘は過剰なストレスや水分不足が原因とされる理由とは?

スポンサーリンク

 

便秘は男性・女性共になりやすい病気の1つです。
便秘になると肌荒れを起こしたり、お腹が張って気持ち悪くなったりするなど便秘だけでなくその他の体調不良を引き起こしてしまいます。

そんな便秘の原因とよく言われるのが「ストレス」と「水分不足」です。
その他にも便秘になる原因はあるのになぜこの2つはよく言われるのでしょうか?

ここでは、なぜストレスや水分不足が便秘の原因といわれるのかその理由についてご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そもそも便秘って何?

便秘

ストレスや水分不足が便秘の原因といわれる理由を知る前に、まずそもそも便秘って何なのか知る必要があります。

便秘について大体のことは知っていても詳しく知らない方もいると思います。
ここではまず便秘について詳しく知っておきましょう。

便秘とは、便が大腸の中に溜まっているのに色々な原因で排せつできない状態のことを言います。

便秘の定義は、日本内科学会で決められており、3日以上便が出ない状態か便が残っている感じがある状態を「便秘」といいます。

ただし、便が出てない日数も大事ですが、毎日出ていても苦痛や便が残っている感じがすれば、便秘といいます。

その逆に毎日便が出てなくても苦痛を感じなければ便秘ではありません。
つまり、便が出ていない日数よりも、便が出ていないことによって起こる苦痛や便が残っている感じがあるのかで「便秘」といいます。

そんな便秘には色々な種類があります。
便秘になる方が多いのは、日常の生活や食事などが原因で起こる「機能性便秘」です。

機能性便秘は、さらに種類を分けることが出来ます。

  1. 弛緩性便秘

弛緩性便秘は、大腸の筋肉が緩んでしまうことで便を押し出す力が足りなくなってしまうために起こります。

特に女性や高齢者がなりやすい便秘です。

  1. 痙攣性便秘

痙攣性便秘はストレスが原因で自律神経が乱れたことにより、大腸が正常に働かなくなり腸が痙攣した状態になるため起こる便秘です。

特にストレスを感じやすい方がなりやすい便秘です。

  1. 器質性便秘

器質性便秘は、腸や胃などの消化器官が病気になることで起こる便秘です。
この便秘は、病気が関係しているため長い間便秘の状態だと命の危険もあります。

これ以外にも、生活環境が変わったり旅行などに行くとなる「一過性便秘」や1ヶ月以上便秘が続く「慢性便秘」など便秘の期間によっても種類があります。

このように、便秘の種類によって便秘の症状は変わってきます。
便秘とひとくくりにせず、自分がどのような便秘なのか知ることが大切です。

便秘の種類によって、便秘を解消する方法も違ってくることを覚えておきましょう。



スポンサーリンク


便秘の原因が過剰なストレスといわれる理由とストレスでの便秘解消法

ストレス

便秘は、過剰なストレスを受けたことが原因でなると良く言われます。

なぜ、ストレスを受けたことが原因で便秘になるといわれるのか気になりますよね。
また、ストレスが原因で便秘になった時、どのように便秘解消をすればいいのでしょう。

ここでは、便秘の原因が過剰なストレスといわれる理由と、ストレスが原因でなる便秘の解消法についてご紹介していきます。

便秘の原因が過剰なストレスといわれる理由

cbf9ebaa3a9aab6b45ea17b2b4831fbf_s

人間は、学校や家庭・仕事などさまざまな場所でストレスをたくさん受けてしまいます。

そんなストレスは、体のいろいろな場所を不調にする原因といわれています。

ストレスが原因で便秘になるのは、ストレス自体で便秘になるのではなく、人間の体がストレスを感じてしまうと、自律神経のバランスが崩れてしまい便秘にためです。

なぜ自立神経のバランスが崩れて便秘が起きるのかというと、人間には交感神経と副交感神経があります。
ストレスを受けると交感神経が活発になってしまいます。

通常、便を作ったり排出するには、副交感神経が活発な状態の時ですが、逆に交感神経が活発な状態だと、腸の蠕動運動などが悪くなってしまいます。

腸の蠕動運動が悪くなってしまうと、腸の中にある便が移動できなくなったり、排出されなくなってしまい腸の中で留まってしまいます。

腸内で便が留まると腸に水分が吸収される時間が長くなってしまい、固まって硬くなり排出しにくくなるので便秘になってしまいます。

このような理由のため、過剰なストレスを受けると便秘になるといわれます。

ストレスが原因でなる便秘の解消法は?

3b75136dc3c62b39ed7650b4fbcc8345_s

ストレスが原因で便秘になると、「痙攣性便秘」や「過敏性腸症候群」になるといわれています。

痙攣性便秘とは、腸が痙攣してしまうことで便秘と下痢を繰り返したり、食後に下腹部に痛みを感じたりします。

過敏性腸症候群は、この痙攣性便秘がひどくなった状態のことを言います。

ストレスが原因で痙攣性便秘になっている時は、通常の便秘解消方法みたいに食物繊維を摂ったり、下剤などの薬を飲むことはよくありません。

痙攣性便秘は、腸が痙攣して過剰に動いている状態ですので、大腸の動きを良くする食物繊維や下剤などの薬を摂ってしまうと、症状が悪化してしまいます。

ストレスが原因で痙攣性便秘になってしまったときの解消法は、「リラックス」することです。
リラックスすることで、交感神経を休めて腸の蠕動運動を良くする必要があります。

ただ、リラックスをしようとしてもどうしたらいいのか分からない方もいると思います。
ストレスは、急に取ることは出来ません。日々ストレスを溜めないようにすることが大切です。

例えば、お風呂に入って半身浴をしたり、アロマオイルを焚いてゆっくりした時間を過ごすだけでもストレスを溜めないようにすることが出来ます。

このストレス解消方法は、人によって違うので自分なりの方法でリラックスできるようにしましょう。

便秘の原因が水分不足といわれる理由と水分不足の解消法

水分不足

便秘になるのは、水分不足が原因と言われています。

なぜ水分不足が便秘の原因といわれるのか気になりますよね。
また、便秘の原因となる水分不足を解消するにはどうしたらいいのでしょうか?

ここでは、水分不足が便秘の原因といわれる理由と便秘にならないための、水分不足を解消する方法についてご紹介したいと思います。

水分不足が便秘の原因といわれる理由

2d4053bbd088af9bcb921b99ce7a87d3_s

人間の体の約60%~70%水分で出来ています。
この体内の水分は、赤ちゃんのころは多く大人になると少なくなってきます。

体が水分不足でないとき、小腸と大腸で水分を吸収してちょうどいい硬さの便を作り出し、スムーズに排便できるようにします。

しかし、体が水分不足の状態だと体の外へ排出する水分を減らそうとするため、便が硬くなりスムーズに排出できなくなり便秘になってしまいます。

また、便秘の状態が続くと腸の中の便は大腸が水分を吸収してさらに硬くなってしまい、便秘の症状がひどくなってしまいます。

水分不足が便秘の原因になるのには、もう1つ理由があります。
それは、便の中で消化されず残ってしまう食物繊維です。

通常、食物繊維は便の水分を吸収して大きくなり、腸を刺激して蠕動運動を活発にしスムーズな排便ができるようにします。

しかし、体が水分不足の状態で便の水分が少ないと吸収する水分がないため、便が小さくなるので腸を刺激することが出来ず、スムーズな排便をすることが出来ず便秘になってしまいます。

このような理由から、水分不足が便秘の原因といわれます。

便秘にならないために水分不足を解消する方法

体が水分不足になる原因には主に3つあります。

  • ダイエットのための食事制限
  • むくみや水太りをしないように水分量を制限する
  • 喉が渇かないため、水分不足を気づかない

です。

これらの原因が元で体が水分不足の状態になってしまいます。

水分不足の状態が続くと便秘だけでなく体にも異変が現れます。
そうならないためにも、キチンと水分を摂ることが大切です。

水分不足解消のコツ

それでは、どのように水分を摂れば水分不足を解消することができるのか、その方法を見てみましょう。

1日必要な水分をきちんと摂ること

fc7d79ae6df1b4e5a18f351f035e3236_s

まず、1日に必要な水分量ですが自分の体重の30分の1程度を目安にとるようにしましょう。
大体1.5Lから2Lくらいの水分を摂ると、水分不足を解消することが出来ます。

ただし、夏場や汗をかいたりしたときは通常よりも水分がなくなってしまうので、目安の水分量よりも多くの水分を摂るようにすることが大切です。

また、冬場は汗をかかないから水分を摂らなくてもいいと思っている方が多いと思いますが、冬場でも汗はかくので、ちゃんと水分を摂るようにしましょう。

便秘にならないようにするための水分摂取のタイミング

28f9ede2e5b009626e5e8eb3314ae75b_s

また、便秘にならないように水分を摂るタイミングですが、「朝目覚めた時」と「夜寝る前」が大切です。

それ以外でも水分をこまめにとることは大切ですが、朝目覚めた時に水分を摂ると寝ている間に汗として排出した水分を補うことが出来ます。

また、その時冷たい水分を摂るようにすると、胃が刺激され腸が蠕動運動するように命令を受け、排便するようになります。

寝る前に水分を摂るのは、寝ている間に汗で水分が失われていくと、体の中の水分が減ってしまい便秘になってしまいます。

また、寝ている間に水分が失われてしまうと、血液がドロドロになってしまうため体に良くありません。

どんな飲み物で水分補給すればいいの?

d84060037e047ac166b0c05c7aaf99ba_s

これ以外に水分補給する際、どんな飲み物で水分補給すればいいのか気になりますよね。
水以外のものでももちろん水分補給することが出来ます。

ただ、ジュースなどは糖分も多いのでジュースだけで水分補給するのはよくありません。

また、コーヒーなどカフェインが入っているものだと利尿作用があるため、尿として水分が排出してしまい大腸まで水分が届かなくなったり、身体に必要な水分まで排出してしまう可能性があります。

水分補給をするためには、水や麦茶などで水分を摂るのがオススメです。
それ以外にもハーブティーや炭酸水なども水分補給するのに最適です。

また、便秘を解消するにはアルコールを飲むことも、胃酸の量を増やしたりできるため効果的ですが、便秘に効果があるからといって飲み過ぎてしまうのは良くないので、注意するようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す