ウイルス性風邪と細菌性風邪の違いとは?

スポンサーリンク

 

季節の変わり目は1日の寒暖の差が大きく、体調を崩しやすくなります。
そんな時期に気をつけたいのが風邪ですね。

そもそも風邪は正式には「かぜ症候群」と呼ばれるもので、外から病原体が侵入し上気道で感染を起こす急性上気道感染症の中でも「急性上気道炎」のことを指します。

原因となる病原体としてはウイルスが全体の80~90%を占めます。
その他の10~20%が細菌による感染症になります。

したがって、一般的に風邪といわれているものの多くは「ウイルス性の急性上気道炎」となるわけです。

それでは、ウイルス性と細菌性の違いはなんなのか。
それぞれ、どんな特徴があるのか解説します。

スポンサーリンク

ウイルス性の風邪の特徴

5a0210aa69b49bac2380f105533576cc_s

前述でも述べましたが、風邪の大部分を占めるのはウイルスによる感染症です。

ウイルスは「複数の臓器に同時に感染しやすい」という特徴があり、くしゃみや咳、鼻水や喉の痛み、発熱や全身の倦怠感など複数の症状が同時に表れます。

ただ、病状としては軽く3~4日で治ります。
風邪ウイルスは100種類以上あると言われており、その内訳は多様で流行する時期や症状も様々です。

中でも代表的なものは、ライノウイルスやコロナウイルス、アデノウイルス、エンテロウイルス(エコーウイルス)、コクサッキーウイルス、RSウイルスです。

 

  • ライノウイルス:通感冒といわれており、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが主症状ですが、熱はそれほど出ず季節や年齢を選びません。
  • コロナウイルス:ライノウイルスと症状が類似していますが、新型のコロナウイルスであるSARSウイルスやMARSウイルスのように重症化するものもあります。
  • アデノウイルス:夏に流行するウイルスで、プールで感染するプール熱としても知られています。アデノウイルスに感染では、咳や喉の痛み、鼻水、目の痛みなどが表れ、乳幼児では39℃をこすような高熱が5日以上続いて出る場合もあります。
  • エンテロウイルス(エコーウイルス):夏に多く流行し、腸で増殖するため「腸ウイルス」とも呼ばれています。ほとんどの人は感染しても症状は出ませんが、症状があらわれ始めた場合は、上気道症状や吐き気、嘔吐、下痢などの胃腸炎症状などが表れます。
  • コクサッキーウイルス:夏から秋にかけて発病することが多く、主に幼児や小児に見られますが、成人も発病します。ヘルパンギーナを起こすことで知られています。
  • RSウイルス:乳幼児の代表的な呼吸器感染症で、冬期に多く流行します。感染後、鼻汁、咳、発熱などの上気道症状が表れ、3割程度の人が気管支炎や細気管支炎を引き起こします。

 

ウイルス性の風邪は、薬を飲んだりする治療は基本必要ありません。

十分な栄養と睡眠を取り、安静にしていることでそのほとんどが自然に治癒しますが、免疫力が低い子供や高齢者、基礎疾患がある人が罹った場合は、重症化する可能性もあるので注意が必要です。



スポンサーリンク


細菌性の風邪の特徴

26f6e9af29a08e53094e54105733b6fd_s

細菌は細胞を持ち、自分の力で増殖することができます。

細菌は、基本的に一つの臓器にしか感染しないため、細菌性の風邪の場合、咳や喉の痛み、急性の鼻炎や副鼻腔炎などのどれか一つの症状が非常に強く出ることが特徴です。

風邪をひいている期間も5日以上と長く、37℃前半の熱が5日以上続く場合も細菌性の風邪の疑いが高くなります。

風邪に関する細菌には、溶連菌や肺炎球菌、インフルエンザ菌などがあります。

 

  • 溶連菌:溶連菌は主にのどに感染して、咽頭炎や扁桃炎、猩紅熱を引き起こします。症状としては発熱(38~39℃)、咽頭痛、イチゴ舌、体や手足に小さな紅い発疹が出るなどがあります。
  • 肺炎球:細菌性髄膜炎、菌血症、肺炎、中耳炎を引き起こす菌です。2歳以下の子供は肺炎球菌感染症への免疫がないため、感染すると重症化することが多くなります。
  • インフルエンザ菌呼:吸器や中耳に感染する細菌です。感染すると、中耳炎、副鼻腔炎、気管支炎、肺炎、髄膜炎を引き起こします。インフルエンザ菌b型を「Hib(ヒブ)」と呼び、重症化するもののほとんどがb型になります。5歳未満の感染が多く、乳幼児で重症化すると死に至る危険性もあります。

 

細菌性の風邪の治療には抗生物質を使用します。

細菌の種類によって使用する抗生物質は異なるので、細菌性の風邪かな?と思ったら、早めに病院受診することをお勧めします。

また、肺炎球菌やインフルエンザ菌は重症化すると後遺症が残ったり、命に関わるためきちんと予防接種を受けましょう。

ウイルス性と細菌性の違い

ウイルス最近

出典: 認定病児保育スペシャリスト

同じ「風邪」の原因となる病原体でも、ウイルスと細菌では大きく違います。

症状を見ても、ウイルスは複数の臓器に同時に感染しやすいですが、細菌は一つの臓器にしか感染しないため同じ症状が続くという違いがあります。

ウイルス性の風邪は、比較的症状が軽い場合は自宅で休んで様子を見ることも可能ですが、細菌性の風邪の場合は症状が長引いたり重症化したりする可能性もあるため、早めに医療機関を受診することをお勧めします。

風邪は子供から高齢者まで誰でもかかる病気です。

普段からウイルスと細菌の区別を意識することはありませんが、知識として覚えておくことで病院受診が必要かどうかを判断することができますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す