風邪予防に効果のある栄養素とサプリメント・食べ物13選

スポンサーリンク

 

風邪予防や治す時には、ビタミンCを摂ると良いというのはよく聞きますね。
このようなビタミンは風邪の予防に効果があるのでしょうか。

一般的に風邪を治す薬というのはなく、病院で処方されるものも薬局で売っている市販薬も風邪の鼻水や咳などの症状を抑える対処療法的なものがほとんどです。

風邪を予防したり早く治すためには体の免疫力を高める必要があり、栄養をしっかりと摂り休養することが一番大切なことだといわれています。
では、風邪予防に効果のある栄養素やサプリメントにはどのようなものがあるのかをご紹介します。

スポンサーリンク

風邪の予防に効果のある栄養素

風邪の予防には、どんな栄養素を摂ると良いのでしょうか。

食事で摂りたい栄養素などをご紹介します。

ビタミンC

ビタミンC

風邪などのウイルスが体内に入ってきた時に撃退しようとして闘うのが白血球です。
ビタミンCは、白血球の働きを助け活性化するという効果があります。

ビタミンCは水溶性ビタミンの一つですが、粘膜や皮膚の健康維持には欠かせない栄養素なのです。
人間の体内ではビタミンCは作り出すことができませんので、野菜や果物などを食事の時に積極的に摂るようにして補ってください。

ビタミンA

ビタミンA

風邪のウイルスが、のどや鼻の粘膜につくことで風邪に罹ってしまいます。

ビタミンAは風邪のウイルスが付きやすいのどや鼻などの粘膜を強化するという役割を持っています。
ビタミンCと共に健康維持を図るためには欠かせない栄養素の一つです。

免疫力も高める効果がビタミンAにもありますので、風邪の予防にも効果的です。

タンパク質

タンパク質

出典:http://r.gnavi.co.jp/

生命活動を維持するためにタンパク質は、必要なエネルギーを作り出す元となる栄養素であり、体には欠かすことができません。

風邪の予防のためには、免疫力をあげ体が風邪ウイルスと闘えるようにしておく必要があります。
そのためにもタンパク質をしっかりと食事などから摂るようにしてください。



スポンサーリンク


風邪予防に有効なサプリメント

風邪を予防するには、次のような免疫力を高めるサプリメントを取り入れてみて下さい。

①ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCは、風邪のウィルスを殺すインターフェロンなどの生産を促すとされています。
また、風邪のウィルスの核酸を破壊し、自身の免疫力を高めるという働きもあります。

風邪の予防のためには、ビタミンC を2,000 mgから3,000mgを一日の目安としてに摂取してください。

一日に数回に分けてビタミンCはとると効果的です。
摂取後3時間ほどでビタミンCは、水溶性のものなので体外に排出されてしまうからです。

②高麗人参

高麗人参

免疫力を高めるといわれているNK細胞の活性化には、高麗人参を食べることで約2倍にまで高まると言われています。
それは、高麗人参を使用して、風邪などの罹患率を調べた臨床試験などでも証明されました。

1日100mgの高麗人参エキスを12週間にわたって摂取したグループと、偽薬を摂取したグループとで比較したものです。

結果としては高麗人参エキスを摂ったグル-プが、風邪の罹患率が低下したというものでした。

③プロポリス

プロポリス

強力な殺菌効果を持っているものがプロポリスです。
喉にプロポリスをスプレーで噴霧して風邪を引いた時から、回復するまでの期間を調べるという試験を実施しました。

すると、喉にプロポリスを噴霧した方が、風邪からの回復は何もしなかった場合よりも約40%も早まったという結果が出ているそうです。

④エキナセア

エキナセア

風邪を予防して治りを早めるものとして、エキナセアというサプリメントがあります。
エキナセアは、風邪の感染と戦うT細胞に関係しているものです。

風邪をひきやすく免疫システムや血中レベルが低く弱体化している方たちには、効果的なサプリメントです。

コンビニやドラックストアーでは、入手できにくいので通販で購入をしてください。

⑤コラーゲン

コラーゲン

コラーゲンは、たんぱく質でできていますが、細胞と細胞を結びつけるという接着剤のような役割をしています。
そして、筋肉や骨、血管などを丈夫に保つとともに皮膚粘膜も形成する働きをします。

先述しましたビタミンCの働きをかりることで、コラーゲンの生成は可能となるものなのです。

コラーゲンが増加すると鼻やのどの粘膜を強くすることができますので、ビタミンCと共に摂取することで風邪の予防に役立ちます。

このように風邪の予防には、ぜひ摂り入れる方が良い栄養素があります。
できれば食物などからそれらを摂ることが理想的ですね。

なかなかそれが難しいと言われる方は、効果的に摂取できるサプリメントを利用してみてください。
免疫力を高め粘膜などを丈夫にして、風邪からしっかりとご自身を守ってください。

風邪に効果のある食材

よく使用される食材では、生姜やネギなどの体を温めるものを上手に取り入れることがポイントです。

また緑黄色野菜にもβカロテンが含まれていますので、ビタミンAに体の中に入ると変換され、皮膚や粘膜などを守り風邪も早めに直りますよ。

さらにどうしても体力を消耗しやすいですので、高タンパクで低カロリーの良質なタンパク質で新陳代謝をあげてください。
そして、糖質や炭水化物もエネルギーとなるものとして必要です。

例えば、生生姜にはジンゲロンという辛み成分と殺菌作用のあるジンゲロールが含まれています。
また、血行を促進しますので、代謝があがり体を温めてくれます。

さらに腸のぜんどう運動にもよいもので、ジンゲロールは加熱されるとショウガオールというものに変化し病気予防や血管の拡張老化防止面でも効果的です。

①九条ネギのおうどん

九条ネギのおうどん

風邪予防に効果的なさまざまな食材が入っています。
スピードレシピで10分もあれば作れますので、さっと作って食べ温まったらすぐに寝て体を休めてください。

生姜やネギなど風邪に良い食材がたくさん入っていますので、特に寒気がする時には効果的ですよ。

作り方のポイントは、スープを作っている間に冷凍うどんをレンジで温めておき材料をさっと温めるだけで完成します。

1人分の材料は、

冷凍うどんが1袋
鶏肉のもも肉を適量
九条ネギが5本
生姜のおろしたもの

を適量です。

調味料は、

粉末出汁を小さじ1杯
濃口醤油 が少々と砂糖
みりんは小さじ1
塩を味の調整用

として少々使用します。

②ふわふわチーズスフレ

ふわふわチーズスフレ

材料の卵やオリーブオイル、ハチミツなどは、咳止めや喉の痛みに効果がある食材ばかりです。
また、食欲がない時ですので、ふわふわした食感が口に入れやすく食べやすいですよ。

作り方としては、火を通したブロッコリーとベーコンをヨーグルトとマヨネーズ、塩を合わせたもので和えます。
白身と塩でしっかりとしたメレンゲを作りココットに分けて入れます。

和えた先ほどの材料を入れてオーブンで焼けばスフレの完成です。
ふんわりとしていてやさしい味ですので食べやすいですよ。

さらに栄養価をアップさせるためにトマトにはちみつを絡めたものを乗せてください。

材料は、

ココット型4個分
ベーコンが1枚
ブロッコリーは子房に分けたものを6個程度
オリーブオイルが大さじ1/2
とろけるチーズは2枚
マヨネーズ、ヨーグルトは大さじ1ずつ

塩をひとつまみ入れて和えてください。

メレンゲようの卵白は2個分で塩をひとつまみ入れ良く泡立てます。
火加減は、スフレ用の焼き方で調節してください。

③にゅうめん

にゅうめん

素麺は柔らかいものなので離乳食中期の赤ちゃんも食べられます。
溶き卵を加えますので、栄養価もアップしやさしい味のお出汁で体も温まります。

食欲がでない風邪の時には、特にお子さんにはおすすめのメニュ-です。
おなかの調子が良くない時には、にゅうめんであれば消化にも良いので最適です。

材料は、2人分です。

素麺が1束
卵は1個
だし汁が400ml

です。

調味料としては

薄口しょうゆが小さじ2
みりんが小さじ2
塩は適量

です。

刻みのりをちらすとさらに栄養的にも高まります。
酒を大さじ1入れるのですが、子どもの場合には入れないようにしてください。

④トマトぞうすい

トマトぞうすい

風邪のひきはじめには、食事も胃腸に負担がかからないものがおすすめです。
滋養のつく卵や栄養価が高いトマトを入れた洋風の雑炊はどうでしょうか。

作り方は、玉ねぎをスライスしてだしで煮ます。
しょうゆやみりんなどで味付けをし、ご飯を加えてさらに煮込みます。

その後でトマト缶を加えてひと煮立ちさせ細く溶き卵を垂らしながら回し入れてください。

材料は、3人分です。

たまねぎが100gでごはんが400g
カットトマトの水煮缶は
200gで1/2缶
卵は2個

です。

水を600㏄とだしの素は、その水の量に合わせて入れます。
みりんとしょうゆは大さじ2ずつで塩は、小さじ1で味付けしてください。

⑤はちみつ大根

はちみつ大根

咳止めや殺菌作用としても効果のあるはちみつ大根は、喉の風邪に効果的です。

生の大根をはちみつに漬けておくだけのものです。

シロップ状になるのは大根の水分が出たものです。
これをそのまま飲んだりお湯割りします。

アリル化合物という大根に含まれる辛味成分が喉の炎症を鎮めますし、咳を止める効果があるものです。

殺菌作用のあるはちみつも入っていますので効果が期待できます。
2日から3日程度は持ちますので、冬季には作っておくと便利です。

材料は、大根が50g、はちみつは10gです。

風邪のひき始めのゾクゾクとした寒気や熱っぽさ、のどの痛みなどを感じたらさっそくご自分の好きなメニュ-を試してみて下さい。
一度試しに作っておけば、風邪をひいた時にもさっと作れて早めに直すことができますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す