コーヒーはガン予防・美肌・便秘に効果がある?飲みすぎは危険?

スポンサーリンク

 

皆さんは、気分をリフレッシュしたいときなどにコーヒーを飲みませんか?

コーヒーはリフレッシュのためだけでなく、健康や美容にも効果があるといわれている飲み物で、コーヒーを飲むことによってガン予防・美白・便秘に効果を発揮してくれます。

ここでは、コーヒーを飲むことによって健康や美容に効果があるといわれる理由や飲みすぎると起こる症状などについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

コーヒーはガン予防に効果があると言われる理由

コーヒーはガン予防に効果があると言われる理由

コーヒーは、体に良くないと思われがちですが、実はそうではありません。

最近の研究では、コーヒーを飲むことでガン予防に効果があるといわれています。それでは、なぜコーヒーがガン予防に効果があるといわれるのかその理由を見てみましょう。

コーヒーがガン予防に効果があるといいましたが、すべてのガンに効果があるわけではありません。

コーヒーを飲むことでガン予防に効果があるといわれるガンの種類は、

  • 肝臓がん
  • 大腸がん
  • 子宮体がん
  • 直腸がん
  • 頭頸部がん
  • 口腔がん
  • 咽頭ガン
  • 前立腺がん

です。

この中でも特に予防効果があるガンの種類は【肝臓がん】【子宮体がん】【大腸がん】です。

なぜ、コーヒーがこれらのガン予防に効果があるのかというと、コーヒーに含まれる【カフェイン】の働きによるものです。

コーヒーに含まれる【カフェイン】には、発がん性物質を除去してくれる【MNP】の動きを強くする働きがあります。この働きによって、ガンの発生リスクを25%~50%以下に低下させてくれます。

ただし、コーヒーでガン予防の効果を得るためには、1日3杯~5杯以上のコーヒーを飲むことが必要になってきます。



スポンサーリンク


コーヒーは美肌に効果があると言われる理由

コーヒーは美肌に効果があると言われる理由

コーヒーがガン予防に効果があるといわれる理由について分かっていただけましたか?

ただ、コーヒーはガン予防だけなく美肌にも効果があるといわれています。ここでは、コーヒーが美肌に効果があるといわれる理由についてみてみましょう。

コーヒーが、美肌に効果があるといわれると女性は嬉しいものです。

しかし、なぜコーヒーが美肌に効果があるのか気になりますよね。

コーヒーが美肌に効果があるといわれる理由は、コーヒーに含まれる【クロロゲン酸】というポリフェノールの働きによるものです。

“ポリフェノールの1つ【クロロゲン酸】ってなに?

タンニン系の苦味を持つ物質。コーヒーの実、サツマイモ、リンゴ、ゴボウなどに含まれる。

とくにコーヒーの実の中に多く、低品位のものほどクロロゲン酸含有量が多く、不快な苦味を持つようになる。

クロロゲン酸は、空気中の酸素により酸化しやすく、出しておいたコーヒーを長時間放置すると、クロロゲン酸の酸化によって、不快な味になりやすい。

引用元:コトバンク

この【クロロゲン酸】は、ポリフェノールなので抗酸化作用があり、老化の原因といわれる活性酸素を取り除くことができます。

また、活性酸素はしみなど原因である【メラニン】を過剰に生成しますが、コーヒーに含まれる【クロロゲン酸】を取ることで、約30%のメラニンの生成をおさえることができます。

それ以外にも、コーヒーには血行促進させる働きがあり、代謝を上げて肌のターンオーバーを良くすることができるので、年齢を重ねるごとに気になるしわやたるみを改善させることができます。

コーヒーは便秘に効果があると言われる理由

コーヒーは便秘に効果があると言われる理由

コーヒーは、美肌にも効果があることが分かっていただけたと思います。

さらに、コーヒーは男女ともに気になる便秘にも効果を発揮してくれます。それでは、コーヒーがなぜ便秘に効果があるといわれるのか、その理由を見てみましょう。

便秘は、腸の蠕動運動が弱くなってしまうことなどが原因で起こります。便秘を解消させるためには、これらの原因を改善していく必要があります。

コーヒーには、便秘を解消させるための成分が入っています。それが【カフェイン】です。

カフェインは腸を刺激する働きがあり、弱くなってしまった腸の蠕動運動を活発にすることができるので、便秘を解消させることができます。また、自律神経が乱れることによっても便秘を引き起こしてしまいます。

自律神経の乱れによる便秘には、コーヒーに含まれる香り成分【ピラジン】が効果的です。

コーヒーに含まれる香り成分【ピラジン】は、自律神経を安定させリラックス状態を作るだけでなく、腸の動きも安定させることができるので便秘を解消させることができます。

これ以外にも、コーヒーに含まれる【オリゴ糖】が善玉菌の餌となり、善玉菌が増えることで腸内バランスを整えることができ、便秘を解消することができます。

コーヒーを飲みすぎると起きる症状

コーヒーを飲みすぎると起きる症状

コーヒーを飲むことで、ガン予防や美肌・便秘に効果を発揮してくれます。

しかし、コーヒーを飲みすぎてしまうと逆に悪影響を与えてしまうことがあります。それでは、コーヒーを飲みすぎるとどのような症状を引き起こすのか見てみましょう。

【コーヒーを飲みすぎることで起きる症状】

  • 胃酸が出過ぎることによる胃痛
  • 肌荒れやにきび
  • 貧血
  • 睡眠の質が悪くなる
  • 冷え性
  • 自律神経の乱れ
  • 骨粗しょう症

などです。

これらの症状は、コーヒーに含まれる【カフェイン】を過剰摂取することによって起こってしまいます。

このカフェインの過剰摂取で特に注意が必要なのは【カフェイン中毒】です。

カフェイン中毒を起こすと、食欲不振や嘔吐・頻脈などの初期症状を起こします。

重度のカフェイン中毒を起こすと

  • 低カリウム血症
  • 高血糖
  • 代謝性アシドーシス
  • 意識障害
  • 不整脈

など、体の中枢神経や消化器・循環器などに重い症状が現れます。

このような症状が出ないように、1日に飲むコーヒーの量を決め、飲み過ぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す