人間の爪を定期的に切るメリットを考えてみた!

スポンサーリンク

 
手元を見ることは、普段から多いので爪について気をつける方が多いでしょうね。女性の場合には、ネイル等のために爪を伸ばしている方もいますよね。

でも爪を伸ばすことが、職業柄できないという方もいます。

爪を伸ばすとか伸ばさないで切るというのは、健康面や生活においてどのような影響があるのでしょう。

では、爪を定期的に切るメリット等についてもご紹介しますね。

スポンサーリンク

爪の仕組みやその役割とは?

爪は、どのような仕組みになっているのでしょうね。

爪は手や足の指先にあり皮膚を覆っています。

硬いので軟骨のような感じもしますが、実は皮膚が角質化したものなのです。成分は、ケラチンと言うタンパク質の一種でできているのです。髪の毛の成分と同じなのですよ。

その作られ方は、甘皮の下のそうぼき、爪母基皮という部分で作られています。甘皮の役目は、この部分を外部の刺激から守り爪を正常に成長させています。

爪は皮膚の一部として生えていて、爪を伸ばすことで指先を保護するという役割があるのです。

また爪がなかったら指先は、指先まで骨が達していないのでグニャグニャな状態になって物等を掴むことができないのです。



スポンサーリンク


爪の伸び方とは?

爪はこのように重要な役割を果たしているのです。

むやみに伸ばしすぎたり切りすぎて深爪することは、良くないのです。

普通爪は、特に伸ばす理由がない場合には爪切りで切って整えていると思います。

健康な場合には、その伸び方は成人では1か月で約3 mmから5mmほど伸びるそうです。子どものように新陳代謝が活発な場合には、大人よりも伸びるスピードは早いですね。

また、季節によっても違ってきて夏の方が冬よりも爪は早く伸びるのです。

そして、少しずつ伸びていって成人であれば、約4か月から6か月で爪全体が生え変わるのだそうですよ。個人差はありますけどね。

爪の切るメリットとは?

伸ばしすぎで怪我をしないために

爪は指先の神経を保護するための役割もあって固いので、爪を伸ばしすぎている場合には、爪に物を引っ掛けてしまうという経験をした方もいるでしょうね。

このように伸ばすことによって怪我を招くというようなこともあるので、適宜爪を切る事が大切ですね。

指先を清潔に保つ

爪を伸ばしていると汚れやアカ等がたまりやすくなり、どうしても不潔になりますしそのように見られてしまうのです。

また、爪との間にたまった汚れが細菌の温床となることがあります。

どうしても爪を伸ばしていると手洗いでも汚れを落としにくいので風邪を始めとした感染症にもなりやすいのです。

さらに皮膚を掻いた時にも、長い爪で皮膚を傷つけたりします。頭皮を爪を立てて洗うと傷つけることになり、皮膚炎等を起こしふけなども増えるのです。 また、

足では水虫菌が伸びた爪の先に入ることもあります。爪を切ることで爪白癬菌にもなりにくいのです。

足の爪に汚れが溜まらないように、定期的に足の爪を切って、お風呂で足を洗う場合には、爪の間の垢も落としましょう。

ちなみに足の角質のケアも大切ですよ。角質が足の裏に溜まっていると雑菌の繁殖を増進するからです。

石鹸やスポンジ等だけでなく、落ちにくい場合には、専用のスムーザーや軽石等を使用して時々しっかり落とすことも大切です。

このように、爪を定期的に切ることでたくさんのメリットがありますね。

爪を切っておけば、指で何かを触った時にも過度の皮膚刺激を生じさせないので、皮膚炎も起こしにくいですし、痒みを増強させることもありませんよ。更に細菌が爪の間にとどまりにくいので皮膚感染も防げます。

毎日のシャンプーする際にも、頭皮をマッサージしても爪を切っておけば、手指の皮膚による適度な刺激で毛根にも良いのです。

康面からも最低限の身だしなみとしても爪を定期的に切るようにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す