胸の痛みと息苦しさが出る時はストレスが原因?考えられる病気とは?

スポンサーリンク

 

胸がチクチクする。キューッと締め付けられる感じがする。それと一緒に息が苦しい。これはストレス?精神的なもの?

いやいや、なんでもストレスだと決めつけてはダメです。そういった症状が出現した場合は、心臓や肺などの病気の可能性があります。

病気よっては、緊急を要するもの、生命に関係してくるもの。

スポンサーリンク

胸の痛みと息苦しさの原因となる病気

胸の痛みと息苦しさの原因となる病気

①虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

  • 狭心症:心臓に栄養を送っている冠状動脈の血流が悪化し、一時的に心臓が酸欠状態なって起こります。階段を駆け上がったり、急いで歩いた時などに、胸の痛みなどが起こります。安静にしていれば長くても15分程度で症状が治まります。
  • 心筋梗塞冠状動脈が狭くなり、血流がほとんど止まってしまい、心筋の一部が壊死する状態です。30分以上の前胸部の強い痛みや締め付け感、圧迫感などが続きます。冷や汗や嘔吐、呼吸困難も伴います。

②大動脈解離

動脈硬化などが原因で大動脈の壁の3層の膜に亀裂が入り、膜が分離してしまう病気です。

急性大動脈解離が起きたときは、突然激しい胸痛や背中の痛みが出てきます。また手足の動脈への血流が悪くなり、手足の激しい痛みも現れてくることもあります。高血圧がある人に起こりやすい病気です。

③心筋炎

心臓の筋肉にウィルスが感染して発生した炎症です。炎症により心臓の機能が低下し、心不全や不整脈、心ブロックなど生命や生活を脅かすことになる場合もある病気の一つです。

最初は風邪のような症状が出ますが、後に胸の痛みや呼吸困難、不整脈などがでてきます。

④肺塞栓症

肺動脈に血栓(血の塊)が詰まる病気。その9割が脚でできた血栓が原因とされています。

エコノミー症候群は最近よく耳にしますが、これは座席の狭いところで長時間座ったままといった状況で起こることがあるのでそう言われています。

一番多い症状が息苦しさです。当然息苦しくなったり、息を吸う時に胸痛があります。また脚の腫れや痛みなども出てくる場合があります。

⑤肺炎

ウィルスや細菌に感染し肺に炎症がおきる病気。発熱や咳・痰・胸の痛み・息苦しさも出てきます。

⑥肋骨骨折

外傷や激しい咳、また長期の負荷などによって、肋骨が折れたりひびが入ったりする状態のことです。

咳や呼吸をした時に胸の痛みや違和感があったり、呼吸がしにくくなり息苦しく感じます。

⑦気胸

肺から空気がもれて、肺が小さく縮まった状態。交通事故などで肺に肋骨などが刺さって起こる外傷性気胸や、そういった外傷が原因でない自然気胸があります。

胸痛・呼吸困難・咳などが主な症状です。

心臓が悪くなると、体に酸素をおくるポンプ機能が低下し、体に十分な酸素が行き届かない状態になります。そういった状態が続くと酸欠状態になり息苦しくなります。また、肺の機能が低下すると、呼吸がうまくできなかったり、酸素を取り込むことができなかったりして息苦しく感じてきます。

心臓も肺も胸にある臓器なので症状として胸の痛みもでてきます。



スポンサーリンク


まとめ

このように心臓や肺の病気は胸の痛みや息苦しさを伴うことが多いです。

今回、胸の痛みや息苦しさの症状がでる病気を上げましたが、これはあくまでも一部です。胸の痛み、息苦しさがすべて上記のような病気が原因ではなく他のことも考えられます。

心臓や肺といった病気は生命に関係してくることも多く、そういった症状がある場合は早めに医療機関を受診し、診断してもらってください。

また、こういった病気は偏った食事・運動不足・喫煙・過度なストレスなどによって起こりやすくなる場合もあります。

バランスのとれた食事、適度な運動、禁煙など生活習慣を改善して予防していきたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す