リンゴの効果的な食べ方!朝か寝る前どっちがいい?風邪に良い理由とは?

スポンサーリンク

 

皆さんは、リンゴにはさまざまな栄養が含まれているのを知っていますか?

リンゴは食べることによって、風邪を良くしたりする効果などもあります。

しかし、リンゴの栄養について詳しく知らない人が多いのではないでしょうか。ここでは、リンゴの栄養や最大限の効果を得るための食べ方など、リンゴという果物を徹底解明していきます。

スポンサーリンク

リンゴの栄養って?

リンゴの栄養って?

リンゴは、体に良い効果を与えてくれる栄養素がたくさん含まれています。

ただ、リンゴに含まれる栄養や効果について詳しく分からない方もいると思います。

ここでは、まずリンゴに含まれる栄養についてご紹介したいと思います。

リンゴにはいろいろな栄養が含まれています。

  • カロテン
  • 葉酸
  • ビタミンC
  • ビタミンB群
  • カリウム
  • マグネシウム

などが含まれています。

リンゴの栄養でよく知られているのは、【ペクチン】です。

”ペクチンって何?

細胞間の結合物質であるペクチン質の主成分として、植物体に広く含まれている多糖類。

黄白色の粉末。リンゴや柑橘類の可否から作用液で加熱抽出して得る。

ジャム・マーマレード・ゼリーの製造、微生物培地、胃腸薬などに用いる。

引用元:コトバンク

【ペクチン】は、食物繊維で腸の働きを良くし、消化吸収を助け、腸を整える効果があります。

さらに、【ペクチン】には腸の中の乳酸菌を育て、悪玉菌の働きを抑え、善玉菌を増やす効果もあるため、下痢の時には効果的な食べ物です。

また、リンゴの皮には100種類以上の【ポリフェノール】が含まれています。

複数のポリフェノールが含まれている果物は少なく、複数含まれていると抗酸化作用が高くなります。

さらに、リンゴに含まれるリンゴ酸とクエンさんという栄養は、リンゴの酸味の元になり、疲労回復や食欲増進などに効果を発揮してくれます。



スポンサーリンク


リンゴの効果を最大限発揮する食べ方って?

リンゴの効果を最大限発揮する食べ方って?

リンゴの栄養について分かっていただけましたか?

リンゴは体に良い効果を発揮してくれますが、その効果を最大限発揮させるためには食べ方を考える必要があります。

ここでは、リンゴの効果を最大限発揮する食べ方についてみてみましょう。

リンゴの食べ方は、皮をむいて切って食べたり、焼いて食べたりさまざまな方法で食べると思います。しかし、これらの食べ方は最大限リンゴの効果を発揮させることはできません。

リンゴの効果を最大限発揮させる食べ方には3つあります。

  1. 皮をつけたまま食べる
  2. すりおろして食べる
  3. 丸かじりする

この中でも、効果を最大限発揮させる食べ方でおすすめなのは【丸かじり】です。

リンゴをそのまま噛むことで、歯の隙間をきれいにしたり、唾液が出やすくする効果があり、あごの力だけでなく、歯や歯茎を強くすることができるので、虫歯予防に効果があります。

リンゴを食べるには、朝か寝る前どちらがいい?

リンゴを食べるには、朝か寝る前どちらがいい?

リンゴの効果を最大限発揮させる食べ方は分かっていただけましたか?

ただ、食べ方もそうですが食べる時間によってリンゴの効果に違いが出てきます。ここでは、朝と寝る前どちらがリンゴを食べるのにはいいのか見てみましょう。

リンゴを食べるのは、朝食時や食後などさまざまだと思います。

ただ、リンゴの効果を得るためには【朝】特に【朝食前】に食べるのがおすすめです。

朝食前は空腹状態になっているため、体への吸収率が高くなり、栄養を効率よく摂取することができます。また、朝食前に食べると食物繊維が糖や脂肪の吸収を緩やかにしてくれます。

吸収が緩やかになるということは、ダイエットや成人病予防に効果があるということです。

リンゴが風邪にいい理由?

リンゴが風邪にいい理由?

リンゴは一般的に風邪のときに食べるといい果物だといわれています。

ただ、なぜリンゴが風邪にいいのか、その理由についてよく分かりませんよね。ここでは、リンゴが風邪にいい理由についてみてみましょう。

リンゴは風邪の症状に効果的な栄養などが含まれています。

例えば、リンゴにはたくさんの水分が含まれています。風邪を引いたとき失われがちな水分を、リンゴを食べることによって摂ることができます。

また、風邪で下痢になったとき、リンゴに含まれる【ペクチン】の効果で、善玉菌を増やすことができ症状を抑えることができます。

さらに風邪のときは、【ビタミン】【ミネラル】【たんぱく質】などの栄養が必要です。

リンゴには、これらの栄養がバランスよく含まれているため、リンゴを食べるだけで栄養を摂ることができます。

このように、風邪のときはさまざまな栄養が必要になりますが、たくさんの食べ物を食べることはできません。

そんなときは、リンゴを食べることで、風邪で失ってしまった栄養を摂ることができます。

これが、リンゴが風邪にいい理由です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す