なぜ円形脱毛症の後に白髪が生えてくるのか?

スポンサーリンク

 

円形脱毛症が治った(?)と思ったら白髪?白髪でも無いよりは良い?

やっと脱毛箇所から毛が生えてきたと思ったのに白髪なんて・・・とがっかりしている方を元気づけるには、円形脱毛症の回復のプロセスを説明する必要があります。

スポンサーリンク

抜け毛スポットに産毛が生えてきたと思ったら白髪?

抜け毛スポットに産毛が生えてきたと思ったら白髪?

円形脱毛症で脱毛した箇所の毛穴が復活してきて、最初に生えてくる毛髪は産毛のような細かい毛です。赤ちゃんの毛のような細い毛が生えてきた後、この産毛が抜けてからもう少し太い毛が生えてくるのですが、この時にまだ色素が定着していない白髪が出て来ることがあり、徐々に黒い毛になっていくようです。

ただ、産毛の後に生えてくるのが黒い毛の人もいるようで、全ての人に白髪が生えてくるわけでもないようです。

  • 健康状態
  • 生活習慣
  • アレルギーなどの体質
  • 栄養状態

などなど様々な条件が関与しているようです。個人差の出方の違いはわかっていませんが、いくつかの可能性が考えられています。

さらに、厳しいことを言えば、治療を行っても髪が生えてこない場合もあります。

  • 体質
  • 遺伝的要素生
  • 活習慣治
  • 療方法

などによっては期待通りの効果が得られないこともあるのです。しかし、悩んだからと言って出て来ることもありません。

どのぐらい生えてくるか、生えてくるまでどのぐらいの時間がかかるかわかりません。産毛でも白髪でも、毛が生えてきたのであれば大切に見守りましょう。

①毛根の栄養不足

そもそもの円形脱毛症の原因は、自己免疫疾患によるものが大きいとされています。円形脱毛症となってしまった箇所の頭皮にある頭皮は自己免疫によって毛根が弱くなっている状態です。貧しい土壌に作物が育たないのと同様、栄養の乏しい頭皮には健康な毛髪は育ちません。

ステロイド剤などの治療薬で頭皮の治療はできても毛根の状態までを回復しているわけではないので、脱毛箇所に毛が生えてきても、栄養不足のひょろひょろの白モヤシだったということになるようです。

健康な髪の毛を育てるには、十分な栄養を与えるとともに、その栄養を頭皮全体に行き渡らせる必要があります。飲酒や喫煙をはじめとした様々な生活の悪習慣や、ストレスなどで血行が悪くなってしまいますので注意しましょう。

②ダメージはメラノサイトにも

円形脱毛症が起こった場所では毛根が弱くなっていますが、髪の色の素を作るメラノサイトにもダメージが及んでいる場合には毛根から毛髪が生えるようになっても色素が作れずに、結果として白髪になってしまうということもあるようです。

そもそも、生まれたての毛髪(産毛)には色が無く、延びるに従って(黒髪の場合)黒く色が付いていきます。このときの色味をつける細胞がメラニン、メラニンを作る工場のような細胞がメラノサイト(色素形成細胞)です。

大抵、「メラニン」と聞くと日焼けやシミの原因として目の敵にされていますが、私たちの髪を黒く染め上げるという大切な役割も担っているのです。そして、普通の人でも、ある程度の年齢を超えると髪に白いものが目立ち始めます。

加齢や体質、遺伝などを含めた何らかの原因によりメラノサイトの機能が低下するために白髪になるというのが定説です。

メラノサイトの働きが低下する原因はわかっていませんが、極度のストレスで急に白髪が増えたという人は多いと思います。円形脱毛症の発症にもストレスが深く関与していることを鑑みれば、脱毛箇所に白髪が生えてくるのも理解できる気がします。



スポンサーリンク


あせらずに見守りましょう

あせらずに見守りましょう

頭皮状態が改善されれば、そこから生えてくる髪の毛は、徐々に元の色が戻って来るので、白髪が生えてきても特に心配する必要はないようです。逆に、気にし過ぎることがストレスになって頭皮環境を悪化させてしまと、せっかく復活しつつある髪の毛がまた抜けてしまうことになりますので、注意しましょう。

白髪が生えてくることも回復過程の1つであること、回復は段階的であり時間を要することを覚えておいてください。とにかく、ひとりで悩まないことが一番です。前向きに大らかな気持ちで脱毛箇所に少しずつ髪が生えてくるのを待ちましょう。

ちなみに、余談ですが髪の色の付きかたから言えば、現在生えている髪から色素が抜けて、一瞬で白髪になるということは考えられないそうなので、浦島太郎になる心配はなさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す