子供の円形脱毛症の原因と治療法を完全解説!

スポンサーリンク

小児円形脱毛症!

一昔前のマンガのガキ大将の頭にはよく10円ハゲが描かれていましたが、円形脱毛症の患者の約4分の1が15歳以下の子どもだと言われると驚きです。15歳くらいまでに症状が出ることを「小児円形脱毛症」と診断されるようですが、小さな子供から多感な思春期にかけての患者の年齢は多様です。

子供の場合、他の子供から円形脱毛症が原因でからかわれたり、いじめられたりする可能性があるので、大人が罹患したとき以上に早めの対応を心がけてあげましょう。

親子で状況を話し合い、状況を改善していくことが大切です。

スポンサーリンク

子供だって大変なんです

1d

出典:http://i1.wp.com/hth-rockcor.com/

子供の円形脱毛症の原因は、大人と同様に自己免疫疾患ですが、子供でもストレスによる影響も大きいと言われています。免疫疾患の一環として、アトピーなどのアレルギー体質が原因で円形脱毛症になることも考えられますが、精神的な影響も無視できません。

成長過程の子供は大人が想像する以上に悩みを抱えていることがあり、経験に裏打ちされた対策をとることができないため、学校や塾、家庭で友人・親子関係などで子供なりに悩んでいることもあるのです。

さらに思春期になると、周囲に対してそれまで以上に敏感になるので、ストレスを溜めこみやすいのです。

円形脱毛症は子供からのSOSかもしれません。学校生活など、普段親の目が届かないところで悩んでいても、子供はそう簡単に親に相談してこないものです。原因を取り除かないと治りにくい上に、治ったように見えても再発を繰り返してしまうことになります。

円形脱毛症の治療には時間を要することが多く、再発の可能性もありますので、治療には気長に取り組めるようにしてあげて下さい。



スポンサーリンク


早く気付いてあげようね

小児円形脱毛症の治療方法も、基本的には大人の治療法と同じです。ただ、子供の円形脱毛症を早く治すには、早期に大人が気付いてあげることが大切です。子供が原因も症状もわからないまま悩んでしまう前に気づいて治療を受けさせてあげましょう。

皮膚科であれば、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)の塗り薬が処方されるのが一般的ですが、治療効果が高い分、ステロイドの副作用が心配な場合には、使用を必要最低限にして無駄に多用することは避けましょう。敏感肌の場合も医師に相談してください。

治療の一環で刺激の少ない育毛剤あるいは育毛シャンプーを利用することも良いでしょう。脱毛箇所が目立たなくなるように髪をまとめたりすることで、気持ちの負担を軽減することもできます。

大人も子供もストレスからは逃れられない

人との係り合いの中で生きている以上、大人でも子供でもストレスからは逃れられません。しかも、子供の場合には環境を自分で選ぶことも変えることも困難であるため、内にこもってしまうことも多々あります。

学校での人間関係だけでなく、親子の関係、または親同士の不仲も子供に精神的負担となる可能性があります。悩んでいる子供の相談にのる機会があれば、回避方法を探るだけではなく、ストレスの解消法(溜めこまない方法)について考えることを教えてあげるようにしましょう。

ちゃんと食べてる?

もう一つ、小児円形脱毛症の原因に考えられるのは栄養の偏りです。頭皮まで含めた全身の健康状態が健全であることが鍵ですが、栄養の偏りや不足、さらに食事自体が不十分な状況では頭髪も正常に機能しません。

特に最近は、あまり家で料理をせずに中食や外食が多いというご家庭も増えていると聞きます。外で子供が好きな物を選んで食べるようになると、食べる物が偏り、どうしても必要な栄養素を逃してしまうことも出てきます。きちんと必要な栄養素を摂らせるように気を付けましょう。

積極的に摂らせたい栄養素

  • タンパク質、ミネラル(頭髪の栄養素となる)
  • ビタミンC(血管を丈夫にする)
  • ビタミンE(毛細血管を拡張し血流を良くする)
  • ビタミンC,ビタミンA(精神安定効果)+パントテン酸(代謝促進、抗ストレスホルモン生成)

繰り返しになりますが、子供の円形脱毛症の治療に一番大切なのは、子供をしっかり見て気づいてあげることです。小児円形脱毛症が1か所に出ているだけであれば(単発型)、半年から1年程度で自然治癒することもあります。

しかし、複数の場所に出ている場合には(多発性)、早めに皮膚科の診断を受けましょう。いずれにしても、子供の状態を見極め、しっかり原因を探った上で治療を行いながら、原因を取り除く・軽減するためにできることをしましょう。

身体的、精神的両面から親がしっかりとフォローしていくことが重要です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す