花粉症に乳酸菌・ヨーグルト・カルピスが効果的な医学的理由とは?

スポンサーリンク

 

花粉症乳酸菌含むヨーグルトカルピスが効果的な理由を紹介します。辛い辛いアレルギー持ちの人は、明日から世界が変わります。

スポンサーリンク

アレルギーが起こる要因との関連

71bcd24a51ea9fa7efad6a04408aac20_s

花粉症などのアレルギー症状が出る要因として考えられるのは、lgE抗体です。

lgE抗体というのはタンパク質の一種なのですが、アレルギー体質になるのはlgE抗体を体内に作りやすい体質になるためです。

またアレルギー症状をlgE抗体と関係して起こすのは、Th1細胞とTh2という細胞です。そしてそのバランスが崩れると花粉症などの症状が出ます。

体内の様子では、悪玉菌が腸内で増えるとタンパク質の消化が悪くなります。そして消化不良となると正常にタンパク質が消化されないという状態が続くのです。

このようなことで消化されなかったタンパク質から体を守る役目として、免疫細胞であるTh2が活性化していきます。

このTh2が腸内で異常に活性化し、体全体のとしての免疫バランスが崩れることになるのです。

免疫バランスが崩れると、花粉などの体に侵入してくる異物に過剰に体が反応してしまうことになります。

その結果、鼻水やくしゃみ、目のかゆみといった花粉症の症状が出てきます。このような症状を防ぐためには、腸内の環境を整えることが重要です。

アレルギーという言葉がすっかり市民権を得ていますが、その中でも良く耳にするのはアトピー性皮膚炎、花粉症、アレルギー性鼻炎、喘息などだと思います。

花粉症人口の急増に伴い、様々なアレルギー対策が話題になる中、近年、善玉菌の一つである乳酸菌が脚光を浴びています。

少し前までは、乳酸菌=ヨーグルトというイメージでしたが、最近は乳製品以外に由来する乳酸菌も健康番組や雑誌などで取り上げられるようになりました。

とにかく健康に良いイメージがある「乳酸菌」ですが、アレルギー全般の症状を緩和する働きがあることがあることがわかっています。

では、乳酸菌はどのようにアレルギー症状を和らげるのでしょうか。



スポンサーリンク


身体に良い乳酸菌:善玉菌

7d61f6d8c606c7722cd8fb6294107145_s

乳酸菌は腸内細菌の「善玉菌」の一つです。

腸内には、約500種類100兆個の細菌が存在すると言われており、重量は大人1人につき約1.0~1.5kgもあります。

そして、この腸内細菌は、善玉菌と悪玉菌と日和見菌の3種類に分けられます。

読んで字のごとくですが、善玉菌は健康に役立つ働きをし、悪玉菌は身体に有害な物質を作ります。

日和見菌は、腸内で勢力の強い方に味方する菌です(人間社会にも日和見君はいますね)。

健康な人の腸内には善玉菌が多く、体調が悪い人の腸内では腸内細菌のバランスが崩れて、悪玉菌が多くなっています。

アレルギー疾患のある人の腸内環境も、善玉菌が少なく、好気性菌の悪玉菌が多くなる傾向にあります。

大人の理想的な腸内細菌の割合は、善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7だといわれていますが、食生活や生活習慣などで簡単に腸内バランスは崩れてしまい、悪玉菌の数が増えると日和見菌が悪玉菌の味方になるため、すぐに善玉菌は苦境に陥ってしまいます。

日本人の食生活が欧米化したことで、悪玉菌が増えやすい体質になってしまいました。悪玉菌の増加を抑えるには積極的に身体に良い善玉菌を増やす必要があります。

そこで乳酸菌の出番です。

代表的な善玉菌には、乳酸菌、ビフィズス菌、乳酸球菌などがあり、腸内で色々な働きをしています。

  • 善玉菌:糖質を分解する際にできる。免疫力を高める。腸内を酸性化させることで殺菌効果をもたらすとともに悪玉菌の増加を抑制、病原菌やウイルスを撃退するなど外部からの侵入を阻止する、発がん物質を分解、ビタミンを作り出す。
  • 悪玉菌:動物性タンパク質(肉など)を分解する際にできる。腸内をアルカリ性にすることで免疫力を低下させる。悪玉菌がタンパク質を分解する際に有害物質を生み出すが、悪玉菌が増殖する際にも有害物質を生み出す。

乳酸菌の働き

11a63dd43009c07f5a637172387b1a67_s

乳酸菌には善玉菌を増やす働きに加えて、悪玉菌の活動を抑える働きがあります。

善玉菌が腸内を弱酸性に近づけることで悪玉菌が活発になるのを防ぐのです。近年では、腸内バランスが身体全体の免疫機能に深く関わっていることが分かってきましたが、研究が進むにつれ腸内細菌の重要性も増しています。

善玉菌は免疫力を高める効果があり、一説では人間の免疫機能の70%を腸内細菌が担っているとも言われています。

身体全体の健康を維持するためには、積極的に善玉菌を優位に保ちたいものです。

乳酸菌の効果

1905eb1b45ef85dd3fca835d2be77d51_s

最初にアレルギーが発症する理由を簡単に言えば、アレルギーとは異物に対する身体の過剰反応です。

人間にとって異物である花粉やウイルス、細菌などが体内に侵入してくると免疫システムが異物への攻撃を始め、この異物撃退反応が過剰になると、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー症状が出ます。

身体の免疫システムは、ナチュラル・キラー細胞(NK細胞)、マクロファージ(貧食細胞)、ヘルパーT細胞などのいつかの細胞が連携して働くことで機能しています。この中でアレルギー症状に大きく関与しているのが、免疫細胞であるヘルパーT細胞です。

このヘルパーT細胞には、IgG抗体(免疫グロブリンG)の産生を促す「Th1」と、IgE抗体(免疫グロブリンE)の産生を施す「Th2」の2種類がありますが、このTh1細胞とTh2細胞がアレルギーを引き起こす要因となっているのです。

それぞれの機能はここでは省略しますが、アレルギーの薬を飲んだことがある方は、IgG/IgEをいう名称を聞いたことがあると思います。

通常はこのTh1/Th2のバランスが保たれていますが、バランスが崩れてTh2細胞が多くなると、アレルギー反応を引き起こすIgE抗体が大量に産生され、アレルギーの症状が出ると考えられています。

乳酸菌やビフィズス菌のように善玉菌の中には、Th1細胞とTh2細胞の働きを調整する作用を持っているものがあります。

例えば、乳酸菌にはIgEを抑制し、Th1細胞を増やす働きがあると同時に、Th2細胞の増加を抑制する働きがあることが分かってきました。

東京大学でのマウス実験では、乳酸菌がTh2細胞の働きを抑えたことが確認されています。このような研究から、2つのヘルパーT細胞のバランスが調整されることで、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状が緩和されるという効果が得られると考えられています。

このように、乳酸菌は免疫細胞のバランスをとるのに役立っていますが、乳酸菌に含まれるビフィズス菌やラクトバチルス菌が腸に届くと、腸の粘膜が刺激されてリンパ球を活性化させることもわかっています。

リンパ球は免疫細胞同様に、免疫システムにおいて大きな役割を担っており、ウイルスや細菌などの感染を防ぐ効果があります。

また、アトピー性皮膚炎も免疫機能が過剰に反応したときに起こるという意味で、腸内環境の影響を受けます。

乳酸菌などの善玉菌が腸内で増えて腸内環境が整うことで、アレルギーの原因となるアレルゲンの侵入を防ぎ、結果としてアレルギー性皮膚炎の反応も抑えることができます。

アレルギー性皮膚炎ではなくても、悪玉菌が増えると肌トラブルが起こります。

これは悪玉菌が発生させる有害物質が、大腸から吸収されて血管を通り全身を巡ることにより、肌の新陳代謝を下げてしまうことが原因ですので、腸内環境を整えることで肌の調子も良くなっていきます。

美容的な視点からも腸内環境はキレイにしておくことが望ましいのです。

このようなことから、乳酸菌はアレルギーの諸症状を緩和する効果があると言えます。

研究が進み、様々なタイプの乳酸菌が出ていますが、多くはヨーグルトなど昔から食べられていた食品に含まれているものなので、安心して食べられるのも良いことです。

乳酸菌をとる理由と効果

  • 乳酸菌を継続して摂取することで腸内バランスの改善する→アレルギー体質の改善に役立つ
  • 乳酸菌は2つの免疫細胞のバランスを整えることで免疫作用を助長する→花粉症、通年性アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を緩和する
  • 乳酸菌はNK細胞を活性化する効果を有する→免疫を活性化・調整する効果がある
  • 乳酸菌にはリンパ球を刺激するものもある→抗ウイルスや抗炎症作用を高める
  • 乳酸菌の摂取は長年の食の歴史の中で培われた経験→安全性が高く、副作用の心配はない

腸内フローラ(腸内細菌叢)

274122b394996dcc766774e82f1bdf0e_s

身体に良い乳酸菌の働きがわかったところで、もう一歩進んでみましょう。

先に述べたように腸内には多種多様な腸内細菌がいるので、その様子がまるでお花畑のように見えた(顕微鏡下で研究者がどんな景色を見たのかは不明ですが)ことから、「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれています。

このお花畑をいかにバランス良く保てるかが健康の鍵になります。

もうひとつ、アトピーなどのアレルギー性疾患に効き目があるとして注目されるようになった言葉に「プロバイオティクス」という語がありますが、「プロバイオティクス」とは、腸内フローラのバランスを改善し、身体に良い作用をもたらす微生物のことです。

広義な意味では、乳酸菌のような腸内環境を改善してくれる善玉菌(微生物)もしくは、その微生物を含む食品全てを指します。

プロバイオティクスが生きたまま腸までたどり着き、腸の機能を活性化させることで身体に良い効果をもたらします。

さらに、最近ではプロバイオティクスの働きを助ける物質であるプレバイオティクス(腸内で善玉菌を増やすオリゴ糖や食物繊維を摂取する手法)の研究も進んでいます。

プロバイオティクスとプレバイオティクスを一緒に摂取すれば、善玉菌が更に増える事が期待されます。

基本的に善玉菌を増やして、腸内フローラを良好な状態で保つには次の点に注意しましょう。

  • 善玉菌を育てよう-善玉菌のエサとなるプレバイオティクスを摂取する
  • 悪玉菌を優位にさせないー悪玉菌の好物である肉類・食品添加物・高脂質・高タンパク質などの摂取を控える

腸内細菌の研究が進み、入手できる乳酸菌の種類も増えています。

善玉菌を増やす基本的な働きは同じですが、効果の面で言えば花粉症やアトピーなどへの効果や効能はそれぞれの乳酸菌の特徴によって異なります。

どんな効果を求めるのかによっても違いますので、色々試してみて自分に合ったものを選ぶようにして下さい。

花粉症にヨーグルトが効果的な3つの理由

アレルギー反応の一種である花粉症は、体内の免疫細胞のバランスが崩れることから起こります。抗体が過剰に反応を起こすことが要因なのですが、このバランスを調整するのに効果的なのが乳酸菌です。

ヨーグルトには、その乳酸菌が含まれているのですが、その効果とはどのようなものでしょうか。

①整腸作用

9afa1b26e6d591a94eb916f0d60ba111_s

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、腸内にいる善玉菌を増やす働きをして、お腹の調子を整えるという整腸作用があります。腸内の環境が整うと消化器官系の働きも正常になります。

この作用で免疫力が活性化して体質の改善にもつながるのです。

特に予防的に花粉症になる前の段階で、ヨーグルトを食べていると花粉症の予防にもなり、花粉症に罹った場合でも症状の緩和になります。

②免疫力向上

d299ab25ad4d5845274ea33eb977ef21_s

ヨーグルトを食べることで、腸内環境が整い免疫細胞のバランスを整えると体全体の免疫力も高まります。

免疫細胞のバランスが調整できることで、花粉症の症状も和らげることができ、免疫力のアップでその状態を維持しやすくなります。

③体を潤す

55c27e91661f149b96c97ae5ee41ddcc_s

さらにヨーグルトには、体を潤すという効果があります。

その働きにより粘膜なども潤いますので、花粉症によって起きる喉の渇きや目の乾燥、発熱感などを緩和することもできるといわれています。

花粉症の他にも肌を潤すことで美肌効果ももちろんあります。

ヨーグルトの選び方

0d0296b1ac6f6c53f38ba1b215a398ba_s

ヨーグルトには、さまざまな製品がありその中に含まれている乳酸菌にも種類がいろいろあります。また食べる方との相性もありますので、いくつかの商品を食べて試してみることで、ご自分に合ったヨーグルト、乳酸菌を見つけることができます。

ヨーグルトでも花粉症に効果的だと言われている乳酸菌は、次のようなものとなります。

LG21乳酸菌やフェカリス菌、1073R―1乳酸菌、ラブレ菌、KW乳酸菌、L―92乳酸菌やBE80菌などです。

商品に記載されている場合には、確認しておいて体に合うものを食べてください。

無糖のヨーグルトを選ぶ

0fe57b41331dfec4186b5134162e692b_s

さまざまな種類のヨーグルトが、製品化され販売されています。その中には、加糖されているものやフルーツなどが入ったもの、無糖などがあります。

花粉症の対策用にヨーグルトを食べる場合には、無糖のヨーグルトを選んで食べてください。体のビタミンを加糖のヨーグルトの場合には、消耗するということがありますので花粉症の対策としての効果が出ません。

同様にフルーツが入っているものなども選ばない方がいいですね。

どうしても無糖のヨーグルトが食べにくいという方は、ハチミツやオリゴ糖、また生のフルーツなどをカットして入れると食べやすくなります。

ヨーグルトについての注意点

0fe57b41331dfec4186b5134162e692b_s

ヨーグルトは、万能と言うことではなく花粉症の薬でもありません。期待するほど花粉症が改善されないという場合もあります。

花粉症対策には、ヨーグルトを継続して食べるということが重要です。

たくさんの量を一度に食べても花粉症の対策としての効果を望むことはできません。

またヨーグルトを食べ過ぎると体が冷えてお腹もゆるくなるということがあります。このような点にも注意しながら、うまくヨーグルトを採り入れるようにしてください。

このようにヨーグルトを食べることで乳酸菌を摂り入れることができ、免疫力もUPさせることができます。それが体質の改善につながり、花粉症の症状の予防や緩和をうながします。

ただ、ヨーグルトを食べてもいぜんとして食生活が乱れていて睡眠不足になりがちな方は、効果が期待できないかも知れません。

必ず生活習慣も改善しながら、ヨーグルトも摂り入れて下さい。

花粉症にカルピスが効果的な理由

907e3cc30c9a60095e06b0f4a6f0495b_s

花粉症の予防に効果があるのが、乳酸菌です。

カルピスには、この乳酸菌のうちL―92乳酸菌と呼ばれるものが入っています。

カルピス社がこの乳酸菌を独自に発見したそうですが、それを商品化したものがカルピスなのです。

このL―92乳酸菌が入っているカルピスのアレルケアL―92乳酸菌は、花粉症の症状の予防や緩和に効果があるのです。

①腸内環境を改善する

37de1b5acb1f16a216f4ea9e7be0e62d_s

カルピスに含まれている乳酸菌が、腸内の環境を改善し花粉症の症状を軽くして予防にもなります。

第2の脳と腸は言われるほど、免疫系機能や数多くの神経を持っています。

その腸内環境が悪化することで免疫機能が崩れてしまい、アレルギー症状である花粉症などが悪化します。

それを乳酸菌で腸内環境を整えて、免疫機能が正常に働けるようにしています。

主な成分としては、L―92乳酸菌という乳酸菌が使用されています。

継続的にこの乳酸菌を摂取することで花粉症の症状も改善されていくのです。

②体質を改善する

fb3bbaa70bc805cd19570d510c48a34c_s

カルピスの乳酸菌が腸内環境を良くしてくれると、花粉症に効果があるだけでなく体質も改善されます。

花粉症に効果が出ているのは、体質が改善されているからともいえます。

花粉症の治療では、薬で症状を抑えるという対処療法的なものと、体質改善が必要だとされてきました。

その点でもカルピスは、体質を改善してくれるものとなりますので、期待できますね。

③胃酸の影響を受けにくく腸まで届く

f60f9ab04a100076e73966ec6e8ec2cf_s

どの乳酸菌でも腸内環境を整えるのに効果的であるとはいえないようです。というのも乳酸菌は、何億種類とあり役割がそれぞれ違い特性も違うものなのです。

乳酸菌によっては、腸まで届きにくいというものがあります。

例えばヨーグルトにも乳酸菌が含まれているのですが、胃酸からの影響を受けやすく腸にまで届かずにほとんどが死滅してしまうということがあります。

このように体に取り入れた乳酸菌がすべて腸までに届くというわけではないようです。

そして腸にまで届いた乳酸菌の量が不足しているので、効果が出ないということもあります。

また乳酸菌そのもののパワーの強さにも違いがあるのです。その点でカルピスの乳酸菌は、腸まで届きやすく効果を発揮します。

このようにカルピスの製品には、花粉症に効果のある乳酸菌が含まれています。

効果的な飲み方としては、花粉が飛散し始める時期よりも前から飲み始めることをおすすめします。

L―92乳酸菌の実験をしたことからも確認できていることです。

できれば、花粉が飛散する2カ月半ぐらい前から飲み始めるようにすれば、効果を実感できやすいとのことですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す