骨折を早く治すためにお酒は効果があるのか?

スポンサーリンク

 

骨折をした場合に飲酒をすると何らかの影響があるのでしょうか?
お酒好きの方にとっては、骨折をした場合にアルコールを飲めるかどうかが気になるところでしょうね。

また、骨折の治療をしてどれくらいたつとアルコールを飲んでも良くなるのかなどについてもご説明します。

スポンサーリンク

骨折した場合に飲酒は、どのような影響があるのか

4a

骨折中に飲酒をすると自分では、感覚的にしっかりしているつもりでも、酔うことで感覚が麻痺します。
そして、このような状態の時には、無理な力をどうしても加えてしまいますので、骨折の治りを遅くしてしまうのです。

また、骨折した部分の骨を再生するには、当然カルシウムの摂取や骨代謝も重要な点です。

でもアルコールを飲むと消化管でのカルシウムの吸収を阻害しますし、排泄を促進することになり薬の効果などにも影響が出ます。

さらに飲酒時には、食事内容も変化して栄養が偏りがちになるということも考えられます。

このように飲酒をすると骨折を直すために血液が、体中に酸素や必要な栄養素を運び、骨の修繕の為の材料を調えたり運んだりといった事をしている働きをを妨げてしまうことがあります。



スポンサーリンク


骨折した場合に痛みがある時には、飲酒をしてはいけない

6e1ca285ce9d9e0e1211241f42930e99_s

骨折の痛みを少しでも避けようとして、感覚がやわらぐのではないかと飲酒を考える方がいます。

でも先述しましたが、骨折の治りは飲酒をすることで悪化しますし、感覚が麻痺して痛みが飲酒で和らいだように感じて、無理に骨折した部分を動かし余計に悪くするという場合もあるのです。

また、骨折をして特に痛みがあるような場合には、化膿止めや抗生物質の薬を飲むのですが、飲酒をしてしまうとこれらの薬が効かなくなるということがあります。

その結果骨折が、なかなか良くならないという影響も出てしまいますので、骨折の痛みが続いている場合には飲酒はやめましょう。

また、飲酒をするとご経験のように血液の循環がよくなりますので、出血が促進されることが多くなります。
その結果、骨折で腫れや炎症があるような場合に飲酒をすると、痛みがさらに増すということになります。

骨折した部分がずれると

910901602848507fc161c5606803c380_s

飲酒をして、醉っぱらいふらつくと患部をどこかにぶつけたりすることもあります。
そのような場合に、今までせっかく骨折部分がくっつきかけていても、その部分が離れて移動するということも考えられます。

もし、肩部の骨折の場合ですと、上腕骨の根もとや鎖骨の辺りが考えられます。

鎖骨の場合には、動きやすい為に固定が困難な部位という特徴があります。
また、上腕骨では骨癒合が比較的悪い場所なのだそうです。

さらに骨癒合がうまくいかずに日にちがある程度経過してしまったりした場合には、骨折部分がつかないままで骨の癒合作用が終了するということもあるのです。

高齢者であればあるほど骨代謝や癒合作用も落ちてきます。

ちなみに鎖骨の場合には、完治ではありませんが骨がつくまでに4週間ほどかかり、上腕骨では5週間から6週間のほどの期間が必要だとされています。

もしアルコールを多量に飲酒するようなことがあると更にかかりますよ。

骨折後のいつから飲酒をしてもよいのか

4b

できれば、骨折が完治するまではアルコールを控えた方が良いですね。
というのも骨折が治らないと、骨が折れている部分から内出血するという場合があります。

飲酒は、先ほど説明しましたが血行を促進しますので、内出血を起こしているとさらに状態を悪化させます。

また、アルコールを飲んでいる状態の酔っている時には、痛みが弱く感じているかも知れませんが、酔いがさめると今まで以上に骨折の痛みが、再発したり増したりする事もあるようです。

このようにアルコールを過剰に摂取すると特に血管の拡張作用で出血がひどくなったり、カルシウムの吸収を胃や腸の粘膜を荒らすことで妨げます。

さらに利尿作用で尿とともにカルシウムを余分に排泄してしまいます。
また、蛋白質でできている酵素を肝臓で代謝される際に浪費したりもするのです。

飲酒は、骨癒合が遅延する因子となりますのでやめた方が懸命ですね。

 

~関連記事~

1.骨折を早く治すためにお酒は効果があるのか?←今ココ
2.骨折を早く治すために効果のある6つの食べ物
3.骨折を早く治すために効果のある5つのサプリメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す