とびひに効果のある子ども・幼児向けの市販薬を3つ紹介!

スポンサーリンク

 

子どもが、蚊に刺され掻いているなと思ったら、何日かたって水ぶくれのようになっていて、あわてたことはありませんか?これは、とびひかも知れないと思っても病院が休みの場合には、自宅で治療しないといけませんよね。

そんな時にどのような薬を使用すればいいのか等悩みます。そのような方にとびひに効果のある子ども向けの市販薬をご紹介します。

スポンサーリンク

すぐに子ども向けの市販薬を使用するのは?

すぐに子ども向けの市販薬を使用するのは?

幼児や赤ちゃんがとびひになった場合には、一般的にはすぐに病院に行き治療を受ける方が懸命ですね。というのもとびひは、伝染性の皮膚炎で単なる虫さされや皮膚の傷が悪化したものというものではないのです。

でも、病院の診療日にとびひになったことがわかったらいいのですが、病院が休みの時に発症することもあります。そのような場合病院での治療がいいからと放置しておくというわけにはいかないですし、とびひというのはその間に悪化してしまうこともあるのです。

できるだけ早めに市販薬を塗ったりして治療をしたいですよね。市販薬でいいのかとかどのような薬が効果があるのかなど疑問も多くなります。



スポンサーリンク


幼児や赤ちゃんに効くとびひの市販薬は!

幼児や赤ちゃんに効くとびひの市販薬は!

とびひの市販薬といってもどのような薬を選べばいいのでしょう。では、ご紹介しますね。

クロマイ軟膏

クロマイ軟膏

クロマイ-P軟膏は、化膿を伴う皮膚炎やしっしんに効果があるという軟膏で、成分はフラジオマイシン硫酸塩とクロラムフェニコールの二種類の抗生物質でできています。

特にジクジクとしたタイプのとびひのような皮膚炎に効果的です。製薬会社の第一三共が販売しています。

ドルマイシン軟膏

ドルマイシン軟膏

ドルマイシン軟膏は、化膿性皮膚疾患やその二次感染を防ぐ働きがあって、症状の出ている傷口などに塗って使用します。抗生物質のバシトラシンとコリスチン硫酸塩が配合されており、化膿予防が可能なゼリア新薬から出ている軟膏です。

フルコートf

フルコートf

フルコートfは、かぶれや痒みをともなう皮膚炎等に効果のある軟膏で、痒みを軽くしてくれるのはフルオシノロンアセトニドという成分が含まれているからです。さらにとびひ等の掻いてただれた皮膚をフラジオマイシン硫酸塩が働くことで悪化を予防してくれるのです。田辺三菱製薬から販売されています。

また、ヨードアレルギーでなければ「イソジン軟膏」も良く知られています。ただ、ヨードが入っているので、アレルギーがあるかないかを調べてから必ず使用してください。

本来は病院で診てもらうのですが、初期の段階であれば市販薬でも一時的な治療はできますので、応急の処置として使用してみて下さい。

そしてこれらの市販薬を使用する場合には、必ず赤ちゃんや幼児に対する用量や用法をしっかりと確認して、守って使ってくださいね。

薬を使用する場合には!

薬を使用する場合には!

市販薬の軟膏等をとびひの出ている患部に塗る時には、その部分を清潔にしてから塗ってください。

方法としては、まずきれいに患部を石鹸等をつけて洗い流します。洗い方は、患部をタップリと泡立てた石鹸で優しく洗ってしっかりと洗い流してから消毒をしましょう。

その後、薬を塗りガーゼ等で軽く保護するように覆います。この時に包帯等でぐるぐる巻きにして覆ってしまってはいけないのです。それは、多い過ぎることで、患部を悪化させるおそれがあるからです。

できれば病院にすぐに行って治療を受けるのがベストなのですが、どうしてもいけない場合にはとびひだと気づいた時点ですぐに市販薬を塗ってあげてください。とびひは、伝染性膿痂疹という病気ですので、少しずつあちらこちらに飛び火してしまいます。

そして、放置しておくことで他の家族や友達にまで感染してしまうことになるからです。ご紹介した市販薬で直ちに治療を開始してください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

この記事が少しでに役に立ったら拡散お願い致します。



この記事を読んだ方は以下の記事も読んでいます

コメントを残す